有吉テッドが毒舌コメント! S・マクファーレン監督最新作「荒野はつらいよ」予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月21日 > 有吉テッドが毒舌コメント! S・マクファーレン監督最新作「荒野はつらいよ」予告公開
メニュー

有吉テッドが毒舌コメント! S・マクファーレン監督最新作「荒野はつらいよ」予告公開

2014年8月21日 14:00

「荒野はつらいよ」ポスタービジュアル「テッド」

「荒野はつらいよ」ポスタービジュアル
(C) Universal Pictures
[拡大画像]

 [映画.com ニュース] セス・マクファーレン監督最新作「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」の予告編とポスタービジュアルが、このほど公開された。マクファーレン監督作「テッド」で日本語吹き替えを担当した有吉弘行が「下ネタやマニアックなギャグはない、緊張感のある西部劇だと思った自分が恥ずかしい。下品な映画じゃねえかよ!」と毒舌コメントを寄せている。

1882年、無法者がはびこるアリゾナ。地味でオタクな羊飼いアルバート(マクファーレン)は冴えない毎日を送っていたが、町を訪れた射撃の達人アナ(シャーリーズ・セロン)と恋に落ちる。しかし西部最大の悪党クリンチ(リーアム・ニーソン)が現れ、アナに近づいたアルバートをなぜか八つ裂きにしようとする。本作でマクファーレンは監督、主演の2役をこなす多才ぶりを発揮している。

予告編は、マクファーレン監督とテッドの掛け合いから始まる。有吉が本予告編でもテッドの声を務めており、マクファーレン監督に「ヒットするかな?」と聞かれるも「知らねえよ」とバッサリ。さらに、予告ではアナに射撃を教わるアルバートや、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのドクが“デロリアン”で西部時代にタイムスリップしてくる様子が収められている。

荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」は、10月10日からTOHOシネマズシャンテほか全国で公開。

テッド[Blu-ray/ブルーレイ] テッド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,375 下品な中年オヤジに成長したテディベア・テッドと大人になりきれないダメ男の友情を描いたコメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi