タランティーノが救ったロサンゼルスの名画座のドキュメンタリーが完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月29日 > タランティーノが救ったロサンゼルスの名画座のドキュメンタリーが完成
メニュー

タランティーノが救ったロサンゼルスの名画座のドキュメンタリーが完成

2014年7月29日 14:45

クエンティン・タランティーノ監督

クエンティン・タランティーノ監督
Photo by Foc Kan/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ロサンゼルスにある、座席数200席の老舗の名画座ニュー・ビバリー・シネマを題材にしたドキュメンタリー映画「アウト・オブ・プリント(Out of Print)」が完成し、このほど予告編が公開された。

ニュー・ビバリー・シネマは、1929年に封切館として始まったが、78年に現オーナーのトーガン一家が名画座に変え、クラシック作品を中心に、インディーズや外国映画まで幅広いラインナップを、「35mmフィルムの2本立て」にこだわって上映している。

また、約4年前に経営難に陥り、立ち退きの危機に直面した際に、若い頃からニュー・ビバリー・シネマの常連だったクエンティン・タランティーノ監督が、同館を購入して存続させたことでも話題になった。現在も、ニュー・ビバリー・シネマの建物の所有者はタランティーノだが、上映作品の選定を含む映画館運営はこれまで通りオーナー一家とスタッフが行っている。

ドキュメンタリー「アウト・オブ・プリント」は、ニュー・ビバリー・シネマの歴史とその魅力に加え、存続の危機に瀕する35mmフィルム上映の現状と、その保存の必要性に焦点をあてる。なお、監督のジュリア・マルケーゼは、ニュー・ビバリーのスタッフでもあるという。

インタビューには、ケビン・スミスセス・グリーンジョー・ダンテジョー・カーナハンマーク・ロマネクトム・ホランドジョン・ランディスロイド・カウフマンエドガー・ライトリチャード・ケリーほか多くの映画人、映写技師、常連客などが登場する。

「アウト・オブ・プリント」予告編はYouTubeで見ることができる(www.youtube.com/watch?v=dtPZxrjE2vE)。公開スケジュールは未定。

レザボア・ドッグス[Blu-ray/ブルーレイ] レザボア・ドッグス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - クエンティン・タランティーノ初監督作品。周到に進めた宝石強盗に失敗した6人の男達が、警察の飼い犬がいるのではとアジトで裏切り者探しを繰り広げるバイオレンス・ドラマ。
ジャンゴ 繋がれざる者[Blu-ray/ブルーレイ] ジャンゴ 繋がれざる者[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 タランティーノ監督と豪華キャストがおくる、迫力のバイオレンスアクション作品!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi