中学3年生とは思えない女優・田辺桃子の言動に、中井圭&松崎健夫もビックリ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月28日 > 中学3年生とは思えない女優・田辺桃子の言動に、中井圭&松崎健夫もビックリ
メニュー

中学3年生とは思えない女優・田辺桃子の言動に、中井圭&松崎健夫もビックリ

2014年7月28日 10:25

「半分ノ世界」主演の田辺桃子「honey」

「半分ノ世界」主演の田辺桃子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の斎藤工が初監督に挑戦した短編映画「半分ノ世界」が7月27日、東京・中目黒で無料映画上映&トークショーを行うイベント「ナカメキノ」で上映され、主演の田辺桃子が出席。映画評論家の中井圭氏、映画文筆家の松崎健夫氏とともに、撮影の裏話や今後のビジョンについて語った。

アーティスト・大橋トリオの楽曲「HONEY」をモチーフに、全日制高校に通う女子高生(田辺)と定時制高校に通う青年(井浦新)が、同じ机の落書きを通じて心を通わせていく姿を瑞々しく描き出したショートフィルム。インド発の青春映画「バルフィ!人生に唄えば」(8月22日より全国公開)の上映前、観客にサプライズで上映された。

本作で初主演を飾った田辺は、「こうして直にお客さんと触れられるのは新鮮でうれしい。工さんのこだわりがたくさん詰まった作品。15分ではもったいない気もするけど、15分だからこそ伝わる作品なのかなとも思う」と挨拶。斉藤監督と親交の深い中井氏は、「工君が『この作品が彼女名刺代わりになればいい』って話していて、男気あるなって思った」と裏話を明かし、田辺も喜んでいた。

田辺は、常に眼帯をして「半分ノ世界」だけを見ている寡黙な女子高生役を演じ、「ふだんは感情をセリフで言葉に乗せるけれど、今回はセリフがほとんどなかったのでどう思いを伝えたらいいか。撮影中も工さんと相談しながら、目線の動きや歩き方など小さなことも意識した」と丁寧に役作り。松崎氏は、「映画好きな斉藤さんならでは。映画はもともとサイレントなので、セリフがなくても誰もが見てわかるものだった。斉藤さんもそれをやろうしたのでは」と分析していた。

現在中学3年生の田辺は、「今は演技が面白い。私は静かで真面目なイメージがあるみたいだけど、普通にゲラゲラと笑うし、実際の自分とイメージにギャップがあるみたい。これからは『こういうのもできるんだ』って思ってもらえるように、色々な角度でキャパを広げて、私のイメージを壊していきたい」と意欲を語り、中学生とは思えないしっかりとした語り口に松崎と中井も驚いていた。

「半分ノ世界」は、スマートフォン向けエンタメ総合アプリ「UULA」で配信中。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi