ドストエフスキー傑作をジェシー・アイゼンバーグ主演で映画化「嗤う分身」公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月15日 > ドストエフスキー傑作をジェシー・アイゼンバーグ主演で映画化「嗤う分身」公開
メニュー

ドストエフスキー傑作をジェシー・アイゼンバーグ主演で映画化「嗤う分身」公開

2014年7月15日 12:45

「嗤う分身」ポスタービジュアル「嗤う分身」

「嗤う分身」ポスタービジュアル
(C)Channel Four Television Corporation,
The British Film Institute, Alcove Double Limited 2013
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ロシアの文豪ドストエフスキーの原作「分身」を、ジェシー・アイゼンバーグ主演で映画化した「THE DOUBLE」が、邦題「嗤(わら)う分身」として11月8日の公開が決定、ポスター画像がお披露目された。

もう一人の“自分”の出現によって全てを狂わされていく男の顛(てん)末を、ダークユーモアとロマンスをふんだんに効かせて描いた本作は、トロント、サンダンス映画祭に正式出品、昨年の第26回東京国際映画祭コンペ部門でもタイトル「ザ・ダブル/分身」として上映され、チケットは即完売となった。監督は、英国でコメディアン・俳優としても活躍し、今回長編2作目となるリチャード・アイオアディ。デビュー作「サブマリン」(第24回東京国際映画祭で上映)が各国で高く評価され、新世代の鬼才として高い注目を集めている。

主演のアイゼンバーグは本作で初の一人二役に挑み、容姿は同じ、性格は正反対という難しい役どころを見事に演じ分けた。ヒロインはミア・ワシコウスカ、製作総指揮には名優マイケル・ケイン、共同脚本にはハーモニー・コリンの弟アビ・コリンらが名を連ねている。テリー・ギリアムデビッド・リンチを彷彿(ほうふつ)とさせるレトロで奇妙なディストピア世界に、劇中歌として坂本九、ジャッキー吉川&ブルーコメッツという60年代昭和歌謡が挿入されシュールな世界観を展開する。

内気で要領が悪く、存在感の薄いサイモンは、会社の上司にも同僚にもバカにされ、サエない毎日を送っている。コピー係のハナに恋をしているが、まともに話しかけることもできない。そんなある日、サイモンと全く同じ容姿を持つ新人ジェームズが入社してくる。容姿は同じでも2人の性格は正反対だった。サイモンは次第に要領がよくモテ男のジェームズのペースに翻ろうされ、思いもよらぬ事態へと飲み込まれていく。

嗤う分身」は11月8日からシネマライズほか全国公開。

グランド・イリュージョン エクステンデッド・エディション プレミ...[Blu-ray/ブルーレイ] グランド・イリュージョン エクステンデッド・エディション プレミ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - フランスの鬼才ルイ・ルテリエが監督を務め、希代のプロマジシャン、デヴィッド・カッパーフィールドが協力した娯楽作。
ローマでアモーレ ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] ローマでアモーレ ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,213 ローマを舞台に錯綜する4つの人間関係を豪華キャストがユーモアたっぷりに魅せる!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi