大沢樹生、初監督作「鷲と鷹」初日に感慨 諸星和己との“不仲説”も一蹴 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月24日 > 大沢樹生、初監督作「鷲と鷹」初日に感慨 諸星和己との“不仲説”も一蹴
メニュー

大沢樹生、初監督作「鷲と鷹」初日に感慨 諸星和己との“不仲説”も一蹴

2014年5月24日 15:50

「鷲と鷹」が公開された大澤樹生監督と 出演の諸星和己、小沢仁志「鷲と鷹」

「鷲と鷹」が公開された大澤樹生監督と
出演の諸星和己、小沢仁志
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 元「光GENJI」の大沢樹生諸星和己が20年ぶりに共演した「鷲と鷹」が5月24日、東京・新宿ミラノ2などで封切られた。「大澤樹生」名義で監督にも初挑戦した大沢は、裏地に鷹と鷲の刺しゅうを施したオーダーメイドのスーツを新調し「出演だけでの舞台挨拶は何度も経験があるけれど、監督としての立場もあるとネガティブなことばかり考えて、今日は朝4時からずっと起きている」と心境を語った。

一方の諸星は、「1月に完成会見があって、いつ始まるんだろう、もしかしたらやらないんじゃないかと思っていたのでホッとしています。4カ月、何をやっていたんだろう?」とあくまでマイペースでリラックスムード。これには、同席した小沢仁志が「グチばっか言うなよ。これはおまえらの壮大な仲直りだろう」とたしなめるひと幕もあった。

それでも、27年ぶりの映画出演でローラースケートを履いて滑るシーンもあった諸星は「違う雰囲気の現場で楽しかった。特に小沢さんはリハーサルと本番で違うことをやるので楽しかった。次は小沢さんがローラースケートで」とジョーク交じりに応戦。大沢自身もローラースケートを久しぶりに履いたが、「ファンへのプレゼントと思って、私の方で脚本に入れてもらった。でも、足元が覚束なかったですね。あれはリアル。人並みに滑れますけれど、歌ったり踊ったりは不可能」と苦笑いで振り返った。

2人の不仲説はこれまで幾度となく取りざたされ、小沢が「俺が間に入らなきゃいけなくて、面倒くさかった」とチクリ。大沢は「いいわけでもないけれど、普通ですよ」とやんわり否定し、諸星も「飯食いに行ったりはするよ」と説明した。

また、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたASKA容疑者が、光GENJIの「ガラスの十代」などを提供したことにふれられると、大沢は「光GENJIはCHAGE&ASKAさんの楽曲提供あってのもの。残念としか言えない」と話した。

それでも、初監督作については「産みの苦しみはあったが、誰もが楽しめるエンタテインメントに仕上げたつもり。作り手としては、大きなスクリーンで見ていただきたい」と自信のPR。同作の続編などで監督へのオファーもきているそうで、「まずは第1作を成功させることですが、チャンスがあれば積極的に受けていきたい」と意欲を見せていた。

鷲と鷹」は、幼なじみの2人が刑事とやくざになって20年ぶりに再会し、麻薬絡みの抗争に巻き込まれ対決を余儀なくされていくサスペンス・アクション。

伝説になった男たち[DVD] 伝説になった男たち[DVD] 最安価格: ¥3,441 ヤクザ、政治家、闇金業者、韓国のスパイ組織、様々な人種の思惑が交錯するブラックエンターテインメント!!出演:大沢樹生
諸星和己 Another side story~Still at~[DVD] 諸星和己 Another side story~Still at~[DVD] 最安価格: ¥2,462 諸星和己の全てが分かる貴重な映像を満載に収録したDVD。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi