ヨーロッパで大ヒットのインド映画「めぐり逢わせのお弁当」公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月19日 > ヨーロッパで大ヒットのインド映画「めぐり逢わせのお弁当」公開決定
メニュー

ヨーロッパで大ヒットのインド映画「めぐり逢わせのお弁当」公開決定

2014年5月19日 14:00

「めぐり逢わせのお弁当」の一場面「めぐり逢わせのお弁当」

「めぐり逢わせのお弁当」の一場面
(C)AKFPL, ARTE France Cinema, ASAP Films,
Dar Motion Pictures, NFDC, Rohfilm—2013
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2013年のカンヌ国際映画祭批評家週間で観客賞を受賞したインド映画「The Lunchbox(英題)」が邦題「めぐり逢わせのお弁当」として今夏の公開が決定した。

本作は多宗教、他民族国家インドで広く利用されている、実在の弁当配達システムを題材にしている。ハーバード大学の分析によると、誤配送の確率はたったの600万分の1だそうだが、本作ではその600万個にひとつの誤配送の弁当がもたらした、男女の偶然の出会いと心のふれあいを繊細に紡ぐ。

大都市ムンバイのオフィス街では、昼時にダッバーワーラーと呼ばれる弁当配達人が慌ただしく複数の弁当箱を配って歩く。主婦イラが夫の愛情を取り戻すために腕をふるった4段重ねの弁当は、ある日、なぜか男やもめのサージャンに届けられた。イラは空っぽの弁当箱に喜ぶが、夫の反応はいつもと変わらない。不審に思ったイラは翌日の弁当に手紙を忍ばせる。

ムンバイ出身で現在はニューヨークにも拠点を置くリテーシュ・バトラ監督の長編デビュー作。舞台出身のニムラト・カウルがヒロイン・イラ役、「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」などハリウッドの話題作でも活躍するイルファン・カーンがサージャン役を演じる。

小規模な予算で作られた作品にもかかわらず、カンヌでの絶賛を皮切りに、インド映画の市場ではないフランス、ドイツ、スイス、イタリア、オランダで異例の大ヒットを記録し、ヨーロッパでボリウッド最大の興行収入を打ち立てた。このほど公開された予告編では、空の弁当箱と共にやりとりされる手紙を通じて、イラとサージャンが心の距離を縮めていく様が映し出されている。

めぐり逢わせのお弁当」は今夏、シネスイッチ銀座ほか全国公開。

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日[DVD] ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日[DVD] 最安価格: ¥927 もっとも権威ある文学賞であるブッカー賞に輝いた、映像化不可能と言われた世界的ベストセラー小説を待望の映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi