常盤貴子「人生変わった」と宣言する「野のなななのか」東京公開に感慨深げ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年5月17日 > 常盤貴子「人生変わった」と宣言する「野のなななのか」東京公開に感慨深げ
メニュー

常盤貴子「人生変わった」と宣言する「野のなななのか」東京公開に感慨深げ

2014年5月17日 15:25

舞台挨拶に立った常盤貴子「野のなななのか」

舞台挨拶に立った常盤貴子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大林宣彦監督の最新作「野のなななのか」が5月17日、東京・有楽町スバル座で封切られた。大林監督は品川徹常盤貴子安達祐実ら出演者とともに舞台挨拶。自ら司会の役回りも務め、「1度見ただけで分からない人はいると思う。分からない人は、どういうことなんだろうと考えればいいんです。面白くなるのは、これからです」と語りかけた。

東日本大震災を受けて製作した2012年「この空の花 長岡花火物語」の姉妹編に当たり、人が生きることの意味を見つめ直す群像劇。大林監督は、満場の客席を見渡し「いやあ、うれしいなあ。自主製作で自主配給の作品。やっとの思いでこしらえたので、皆さんが応援団です」と感慨に浸った。

「この空の花」の舞台となった新潟・長岡の花火大会で大林監督と出会った常盤は、「この作品で、私は変わりました」ときっぱり。「それまでも頑張っているつもりだったけれど、あらためて本当に人っていいなあと思える素晴らしい現場でした。すべてのスタッフ、キャストが優しく思い合え、それがプラスのエネルギーとなって倍々で広がっていきました」と強調した。

「大林監督の映画に出るのが夢だった」という安達も、「奇跡が起きたと思い、緊張して現場に行ったけれど、ずっと出演し続けていたような気持ちになった」と述懐。北海道・芦別市でのロケも充実していたようで、「日々、芦別の大地に包まれ、一生に1度の体験になりました。私にとってとても大切な映画です」と笑顔を見せた。

既に北海道では先行公開されており、主演の品川は20回以上の舞台挨拶を敢行。「脚本を読み、私が演じた男は女々しいですねと監督に言ったら、監督が間髪入れず『女々しいは、男のためにある言葉』とおっしゃられた。それがヒントになって心の支えになりました」と振り返っていた。

野のなななのか」は、古物商を営む男(品川)の死去で散り散りになっていた家族が葬式に集まり、それぞれの人生を見つめ直していく姿を描く。

とんび DVD-BOX[DVD] とんび DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥18,364 ひたすら我が子の幸せだけを願いながら、愛とゲンコツで息子を育てあげ賢明に生きる、日本一バカで愛すべき父と息子の感涙物語。出演:常盤貴子
この空の花-長岡花火物語[DVD] この空の花-長岡花火物語[DVD] 最安価格: ¥4,183 大林宣彦監督が新潟県長岡市の花火大会をモチーフに描くヒューマンドラマ。長岡市を取材に訪れたひとりの女性新聞記者が、過去と現在を繋ぐ不思議な体験を重ねていく様を綴る。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi