名バイプレイヤー上田耕一、「映画が終わってみたら主役になっていた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年3月23日 > 名バイプレイヤー上田耕一、「映画が終わってみたら主役になっていた」
メニュー

名バイプレイヤー上田耕一、「映画が終わってみたら主役になっていた」

2014年3月23日 08:45

上田耕一(中央)初の主演作が公開「独立少年合唱団」

上田耕一(中央)初の主演作が公開
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「独立少年合唱団」「いつか読書する日」の緒方明監督がメガホンをとる「友だちと歩こう」の初日舞台挨拶が3月22日、東京・テアトル新宿で行われ、緒方監督をはじめ、上田耕一斉藤陽一郎松尾諭山田キヌヲが登壇した。

映画は緒方監督と脚本・青木研次が9年ぶり3度目のタッグを組んだヒューマンドラマ。団地に暮らす独居老人の富男と国雄、大人になりきれない30代のトガシとモウリという2組4人の男たちが、一緒に歩きながら紡ぎ出す友情を4つのエピソードで描き出す。

タバコを買いに出かける、脚が不自由な富男を演じる上田は「生涯脇役を自負して仕事をしてきたが、映画が終わってみたら主役になっていた」と照れ笑い。「監督がなかなか映画を撮れず、『ならば自分たちで』と奮闘した自主製作映画。趣旨に賛同したキャスト、スタッフが集まった」と公開初日に感慨しきりだった。

トガシ役の斉藤は「決して超大作ではありませんが、見終わって何かが残るかわいらしい映画。帰り道、映画のことを考えながら“歩く”ことを意識してもらえれば」。共演するモウリ役の松尾は、「予算のない映画なんですが(笑い)、こんなに贅沢な現場は他にない。丁寧に作品づくりする現場で、出来上がったのを見て、幸せでした」と達成感を示した。

また、山田はモウリの元妻・サツキを演じ、「緒方監督とは2作目で、また怒られるかとドキドキしたんですが、すごく和やかで、監督もニコニコ。こんな一面もあるんだと、ビックリしました」と話していた。

緒方監督は「少ない資金で完成させた作品。特筆すべきは低予算でも、(劇場用)パンフレットを頑張って作ったこと。映画は何本か撮っていますが、パンフレットは初めてです」と誇らしげだった。

JAZZ爺MEN[DVD] JAZZ爺MEN[DVD] 最安価格: ¥3,201 埼玉県本庄市の地域映画として製作された『JAZZ爺MEN』がDVD化。出演:上田耕一
12人の優しい日本人【HDリマスター版】[DVD] 12人の優しい日本人【HDリマスター版】[DVD] 最安価格: ¥2,426 三谷幸喜脚本による、演劇集団東京サンシャイン・ボーイズの同名舞台を映画化。出演:上田耕一

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi