ガールズバンド「SCANDAL」、書き下ろし楽曲で洋画の日本版イメージソング初提供 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月28日 > ガールズバンド「SCANDAL」、書き下ろし楽曲で洋画の日本版イメージソング初提供
メニュー

ガールズバンド「SCANDAL」、書き下ろし楽曲で洋画の日本版イメージソング初提供

2014年2月28日 14:35

ガールズバンド「SCANDAL」が 「シャドウハンター」日本版イメージソングを書き下ろし「シャドウハンター」

ガールズバンド「SCANDAL」が
「シャドウハンター」日本版イメージソングを書き下ろし
(C)2013 Constantin Film International
GmbH and Unique Features (TMI) Inc.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気ガールズバンド「SCANDAL」の書き下ろし楽曲「Rainy」が、4月19日から公開される映画「シャドウハンター」の日本版イメージソングに起用されることが決定。「SCANDAL」が洋画の日本版イメージソングを提供するのは初めてで、同楽曲を使用した予告編も解禁された。

全米ベストセラー小説「シャドウハンター 骨の街」の映画化で、吸血鬼や人狼、妖魔といった地下世界の住人“ダウンワールダー”を狩る存在である“シャドウハンター”としての宿命を背負い、その力に目覚めていく少女クラリーが、過酷な戦いに身を投じる姿を描いたアクションアドベンチャー。

「SCANDAL」のドラム兼ボーカルで、「Rainy」の作詞を担当したRINAは、「自分も知らなかった自分のパワー。何かのきっかけで思いもよらない力が発揮できる時ってあると思います。映画のストーリーにインスピレーションを受けながら、葛藤を繰り返して、次のステージに進もうとする人の背中を押せるイメージで書いていきました」とコメント。「「現状にもがいているけど一生懸命、目標に向かって頑張っている人に聴いてもらいたい」と語っている。

また、サビはバンドらしい掛け合いの部分を生み出すため、スタジオでメンバーとセッションしながら作り上げたといい、「ライブではお客さんと一緒に叫ぶのが楽しみです」と話している。

公開された予告編では全編にわたり同楽曲が使用されており、アップテンポなサウンドが迫力のアクションシーンを盛り上げている。

SCANDAL OSAKA-JO HALL 2013「Wonde...[Blu-ray/ブルーレイ] SCANDAL OSAKA-JO HALL 2013「Wonde...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,845 SCANDALの結成当時からの特別な夢であった大阪城ホールワンマンライブの模様を収録!!
SCANDAL JAPAN TITLE MATCH LIVE 2012 -SCAND...[DVD] SCANDAL JAPAN TITLE MATCH LIVE 2012 -SCAND...[DVD] 最安価格: ¥3,836 ガールズバンドを代表する存在に成長したSCANDAL初の日本武道館ワンマンライブを映像化!8000人の大観衆が熱狂した一夜限りのスペシャルライブを全曲収録!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi