芳賀優里亜ら「赤×ピンク」女性キャスト、暖色ドレスで華やかに初日挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年2月22日 > 芳賀優里亜ら「赤×ピンク」女性キャスト、暖色ドレスで華やかに初日挨拶
メニュー

芳賀優里亜ら「赤×ピンク」女性キャスト、暖色ドレスで華やかに初日挨拶

2014年2月22日 16:25

ドレスアップして初日挨拶に出席した 芳賀優里亜、多田あさみ、水崎綾女、小池里奈「赤×ピンク」

ドレスアップして初日挨拶に出席した
芳賀優里亜、多田あさみ、水崎綾女、小池里奈
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 直木賞作家・桜庭一樹氏の小説を映画化したガールズアクション「赤×ピンク」(坂本浩一監督)の初日舞台挨拶が2月22日、東京・角川シネマ新宿で行われた。主演を務める芳賀優里亜をはじめ、共演する多田あさみ水崎綾女小池里奈がタイトルにちなみ、暖色系のセクシーなドレス姿で登壇。劇中では激しいファイトシーンに挑んだ4人だが、この日は女優らしく華やかに舞台挨拶を彩った。

映画は、六本木の廃校で夜ごと繰り広げられる非合法の格闘技ショーに身を投じる女性たちの赤裸々な奮闘を描く。性同一性障害に悩む空手家を演じた芳賀は「難しいからこそ、あまり考え込まず、原作から感じた気持ちや痛みを表現できればと思った」と難役を述懐。初のフルヌードにも挑み「最初で最後という気持ちで、潔く脱いだ。不安もあったが、自分にとって大きな挑戦で、命をかけた作品」とアピールすると、涙目になるひと幕も。隣に立つ水崎がそっと手を差し伸べ、撮影で育んだ“女の友情”を印象づけた。

初日舞台挨拶には女性キャストに加えて、桜庭氏と坂本監督、共演する俳優の榊英雄が同席。桜庭氏は「この小説を書いていた当時、格闘技にはまっていた。そんな自分や仲間の気持ちを、実感をもってここにいる皆さんが演じてくださった」と女優陣に感謝を示し、「原作のテーマを生かした映画になっていて、ラストシーンにこみ上げるものがあった」と感激しきりだ。

メガホンをとった坂本監督も「一押しシーンはたくさんありますが、やっぱりラストですね。さまざまな物語を経て、4人それぞれがたどり着くラストシーンが一番の盛り上がり」とアピール。挨拶中、女優陣から「浩一」と呼び捨てされていたが、本人はまんざらでもない様子だった。

仮面ライダー555 Blu-ray BOX1[Blu-ray/ブルーレイ] 仮面ライダー555 Blu-ray BOX1[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥16,038 2003年1月―2004年1月テレビ朝日系列にて放送、平成仮面ライダーシリーズ第4弾『仮面ライダー555(ファイズ)』が遂にBlu-ray化!出演:芳賀優里亜
カラマーゾフの兄弟 DVD-BOX[DVD] カラマーゾフの兄弟 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥19,046 19世紀露文学の代表・文豪ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」を日本で初めてドラマ化!主演・市原隼人をはじめ実力派キャストが集結。出演:芳賀優里亜

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi