「小さいおうち」山田洋次監督ベルリン国際映画祭へ!「ドキドキで気が重い」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年1月25日 > 「小さいおうち」山田洋次監督ベルリン国際映画祭へ!「ドキドキで気が重い」
メニュー

「小さいおうち」山田洋次監督ベルリン国際映画祭へ!「ドキドキで気が重い」

2014年1月25日 14:46

全国315スクリーンで公開された「小さいおうち」「小さいおうち」

全国315スクリーンで公開された「小さいおうち」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山田洋次監督が1月25日、東京・丸の内ピカデリーで行われた最新作「小さいおうち」(松たか子主演)の舞台挨拶に登壇した。第64回ベルリン国際映画祭コンペティション部門への出品が決定している本作。山田監督は、出演する黒木華とともに現地入りし、2月14日(現地時間)のプレミア上映に出席する予定で、「ノミネートは光栄だが、賞をとるかとれないかドキドキして気が重い。でも、きっと外国の人にも共感してもらえるはず」と期待を寄せた。

一方、物語のカギを握る女中・タキを演じる黒木は、初の国際映画祭参加で「どうしたらいいか、今から不安。でもタキちゃんのように、山田監督をそばで見守っていたい」と静かに意気込みを語った。

第143回直木賞を受賞した中島京子氏の同名小説を映画化。昭和初期に東京の郊外に建つ赤い三角屋根の家に暮らす奥さま(松)の秘めた恋と、住み込みで働いていたタキの手記により60年後の現代になって真相がひも解かれていく様子が描かれる。この日、全国315スクリーンで封切り。舞台挨拶には山田監督、松と黒木をはじめ、片岡孝太郎吉岡秀隆妻夫木聡倍賞千恵子が出席した。

夫以外の男性に心ひかれる主人公を演じた松は、「共感を呼ぶか不安だが、監督との仕事は楽しかった」と述懐。「平等じゃないということが、時代を作ったり、恋愛を生んだり、友情を育んだりするんだと感じた」と本作のテーマを語った。また、晩年のタキを演じる倍賞は「本当は若い時代を演じたかった」と笑顔で語り、「山田監督の作品は久しぶりで、初日は緊張してしまった。出演するたびに社会や世間を学ばせていただいている」としみじみ語っていた。

東京家族 豪華版【初回限定生産】[Blu-ray/ブルーレイ] 東京家族 豪華版【初回限定生産】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,644 半世紀のあいだ、その時代、時代の〈家族〉と向き合ってきた山田洋次監督が、いま2012年の家族を描く。
武士の一分 通常版[DVD] 武士の一分 通常版[DVD] 最安価格: ¥1,080 監督・山田洋次×原作・藤沢周平「盲目剣谺返し」(「隠し剣秋風抄」文春文庫刊)で贈る、時代劇三部作の最後を飾る「武士の一分」がDVD化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi