西島秀俊、ドMな本性?「つらい、痛いの好き」と告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年1月25日 > 西島秀俊、ドMな本性?「つらい、痛いの好き」と告白
メニュー

西島秀俊、ドMな本性?「つらい、痛いの好き」と告白

2014年1月25日 14:53

舞台挨拶に立った西島秀俊「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」

舞台挨拶に立った西島秀俊
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の西島秀俊が1月25日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇で行われた日韓合作のサスペンスアクション「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」(キム・ソンス監督)の公開記念舞台挨拶に登壇した。劇中でほぼスタントなしの過酷なアクションに挑み「監督がまじめで、全然OKが出なくて……。まあ、つらい、痛いの好きですけど」と告白。「もちろん、現場だけですよ」とフォローに必死だった。

司城志朗氏の小説「ゲノムハザード」を映画化。何者かによって記憶を“上書き”された科学者(西島)が、次の上書きが迫る5日間で陰謀を暴こうと奮闘する。1月24日に全国103スクリーンで封切られた。

舞台挨拶にはソンス監督も登壇し、西島本人が生身のアクションを志願したと明かし「こちらはスタントマンを待機させていたが、『ぜひ、ファンの皆さんにも、自分が感じたハラハラドキドキを感じてほしい』とおっしゃっていた」と述懐。「皆さんはご存じないかもしれませんが、西島さんにはアクション俳優のDNAが眠っている」と太鼓判を押した。

「誰もが僕を騙している――!」という映画のキャッチコピーにちなみ、「愛する女性にだまされていたと知ったら?」と問われた西島は、「できるだけ事情を聞いて、愛しているなら許したい」と男前な発言。これには駆けつけた女性ファンも拍手喝さいだったが、ソンス監督からは「本当に?」とツッコミも。同世代とあって、撮影中にすっかり意気投合したというふたりの丁々発止に、ファンは再び拍手をおくっていた。

ダブルフェイス ~潜入捜査編・偽装警察編~[DVD] ダブルフェイス ~潜入捜査編・偽装警察編~[DVD] 最安価格: ¥6,073 色濃く人間ドラマを描いた、シリアスかつダイナミックなサスペンス・ドラマ大作!出演:西島秀俊
トニー滝谷 プレミアム・エディション[DVD] トニー滝谷 プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,926 村上春樹原作の短篇小説「トニー滝谷」を市川準監督が繊細に描き出した、イッセー尾形、宮沢りえ出演による静かな愛の物語。出演:西島秀俊

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi