石橋杏奈&竹富聖花、3年越し公開「ゆめのかよいじ」思い出話に花咲かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月15日 > 石橋杏奈&竹富聖花、3年越し公開「ゆめのかよいじ」思い出話に花咲かす
メニュー

石橋杏奈&竹富聖花、3年越し公開「ゆめのかよいじ」思い出話に花咲かす

2013年12月15日 10:08

3年前に撮影した「ゆめのかよいじ」初日 挨拶に登壇した石橋杏奈、武富聖花ら「ゆめのかよいじ」

3年前に撮影した「ゆめのかよいじ」初日
挨拶に登壇した石橋杏奈、武富聖花ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1987年に少年画報社のコミック誌「ヤングキング」で連載された大野安之氏の漫画を実写映画化した「ゆめのかよいじ」が12月14日、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で公開初日を迎え、ダブル主演を務めた石橋杏奈竹富聖花五藤利弘監督、原作者の大野氏が舞台挨拶に登壇した。

美しい原風景が広がる新潟・長岡を舞台に、最愛の父を亡くし東京から引っ越してきた孤独な少女(石橋)が、大切な人の後を追って自ら命を絶った少女の幽霊(竹富)との交流を通じ、再生していく姿を描いた青春ファンタジー。

石橋は、3年前に撮影されたという本作の公開の日を迎え、「見終わった後にほっこりするような作品。日頃のストレスを忘れて、ゆったりとした時間の中で温かいものを感じ取ってもらえたらうれしい」と感慨深げに挨拶。本作で初めての芝居に挑んだ竹富は、「ちょっと恥ずかしいなと思うけど、新潟の風景に心地が良いストーリー。帰っていい夢が見られる映画だと思う」とニッコリ。当時は故郷の愛知から上京してきたばかりで、「私は田んぼがいっぱいある田舎の出身。夏は緑、秋には黄色と、1年を通して色々な田んぼが見られるので大好き。稲刈りもやっていました」とロケ地の自然も満喫した。

撮影期間は短かったが、竹富が「一緒にアイスクリームを食べた」と思い出を振り返ると、石橋は「聖花ちゃんはマネージャーさんに食べちゃダメって言われていたけど、隠れて食べたね」と裏話を明かし、仲睦まじげにほほ笑みあっていた。

五藤監督は、3年越しの公開に「撮影した次の年に震災があって公開が遅れてしまった。だけどスタッフ一同、どうしても皆さんにお届けしたかった。そんな思いも含め、それぞれの受け止め方で作品のメッセージを感じてほしい」。大野氏も、「人が作った何か。それが他の人に影響を与えて、また新たな何かを生み出す。人の営みってそういうものかなと感じている。ちょっと格好つけてみました」と照れくさそうに笑った。

赤い糸 DVDボックス[DVD] 赤い糸 DVDボックス[DVD] 最安価格: ¥22,161 中高生から圧倒的支持を受けるケータイ小説を、南沢奈央×溝端淳平主演でTVドラマ化。出演:石橋杏奈
ギャルバサラ-戦国時代は圏外です- スペシャルバサラ・エディション[DVD] ギャルバサラ-戦国時代は圏外です- スペシャルバサラ・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,926 わたしはわたしの天下を取る!!若手人気俳優&アイドルが総出演!出演:竹富聖花

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi