堂珍嘉邦、辻仁成監督「醒めながら見る夢」で映画初主演! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月17日 > 堂珍嘉邦、辻仁成監督「醒めながら見る夢」で映画初主演!
メニュー

堂珍嘉邦、辻仁成監督「醒めながら見る夢」で映画初主演!

2013年7月17日 13:00

映画初主演を果たす堂珍嘉邦「醒めながら見る夢」

映画初主演を果たす堂珍嘉邦
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ツインボーカルユニット「CHEMISTRY」のメンバーで、現在ソロ活動を行っている堂珍嘉邦が、辻仁成監督の新作「醒めながら見る夢」で映画初主演を果たすことがわかった。

辻監督が脚本、演出を手がけ、堂珍が主演した同名舞台(2011)を、ふたりの再タッグで映像化する。堂珍は、玉木宏と共演した「真夏のオリオン」(09)で銀幕デビューを果たし、ミュージシャンにとどまらず活動の幅を広げてきた。本作では、真実の愛を求めてさまよう主人公・海江田優児を演じるほか、辻監督が書き下ろした主題歌を担当する。

人気演出家の優児は、元劇団員の亜紀と結婚するが、なぜか日に日にやつれ劇団を辞めると言いだす。一方、優児の前に現れた亜紀の妹・陽菜は、母親の期待に押しつぶされそうになっており、ふとしたことから孤独な青年・文哉と出会う。

舞台に続き本作でも主演を務める堂珍は、「(舞台版から)“優児”に対しての愛着と責任感がありました。今回の映画化に対しても、しっかりと演じたい」と決意を新たにする。やりがいとともにプレッシャーも感じているそうだが、「現実と非現実に悩まされながらも、愛することの難しさと素晴らしさを受け止め、ひたむきに進んで行く姿をぜひご覧下さい」とアピール。辻監督は、舞台版を上演した11年に思いを馳せながら「答えの無い不条理な世界に生きざるを得ない私たち。行き場を失った愛はどこへ向かうのか、愛の本当の姿は何か、誰もが考える想いを本作に託しました」とコメントを寄せた。

ライク・サムワン・イン・ラブ」(12)で注目を浴びた若手女優の高梨臨が、堂珍扮する優児を愛し続けるヒロインの亜紀に挑む。辻作品に初参加となる高梨は、「ひとつひとつの描写がとても綺麗で、この作品を京都で撮影できるということが、台本を読みながらとても楽しみになりました」と語っている。ほかに石橋杏奈村井良大、ロックバンド「SOPHIA」の松岡充高橋ひとみらが参加する。撮影は、7月下旬から関東近郊および京都で行われる予定だ。

醒めながら見る夢」は、14年に全国で公開予定。

サヨナライツカ[DVD] サヨナライツカ[DVD] 最安価格: ¥3,196 愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。原作:辻仁成
堂珍嘉邦 TOUR 2013 “OUT THE BOX”at Zepp DiverC...[DVD] 堂珍嘉邦 TOUR 2013 “OUT THE BOX”at Zepp DiverC...[DVD] 最安価格: ¥821 初の全国ツアー「堂珍嘉邦 TOUR 2013 “OUT THE BOX”」から、ファイナルである4月19日のZepp DiverCity Tokyoの模様を収録!!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi