「太陽に灼かれて」3部作完結編「遥かなる勝利へ」に巨匠ミハルコフが込めた思い : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年11月21日 > 「太陽に灼かれて」3部作完結編「遥かなる勝利へ」に巨匠ミハルコフが込めた思い
メニュー

「太陽に灼かれて」3部作完結編「遥かなる勝利へ」に巨匠ミハルコフが込めた思い

2013年11月21日 17:31

撮影中のニキータ・ミハルコフ監督「太陽に灼かれて」

撮影中のニキータ・ミハルコフ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ロシアの巨匠ニキータ・ミハルコフ監督が、カンヌ国際映画祭グランプリとアカデミー外国語映画賞をダブル受賞した「太陽に灼かれて」(1994)の3部作完結編として描く戦争映画「遥かなる勝利へ」が11月23日公開する。

太陽に灼かれて」、第2次世界大戦独ソ戦に巻き込まれた父と娘の絆を描いた第2部「戦火のナージャ」(2010)に続き、ミハルコフが監督と主演を兼任する今作は、革命の英雄となり犠牲者となった主人公コトフ大佐が、ナチス・ドイツ軍と母国の権力に立ち向かう姿を通して、闇に包まれていたロシアの歴史と共に、戦争と革命がもたらした犠牲の大きさを伝える。コトフとその愛娘ナージャ、秘密警察のドミートリのその後の運命が明らかになる。

当初から3部作を予定していたのかというと「当時そのようなことはまったく念頭になかった」。パリでスティーブン・スピルバーグ監督の「プライベート・ライアン」を見て初めて戦争映画を撮りたいと思ったそうで、「上映後、若い人たちがこういう風に戦争に勝ったんだなと話しているのを耳にした。スピルバーグ監督は独自の視線で戦争を語るという彼のミッションを完璧にこなした。私も自分自身の観点から戦争を語ってみたかったのです」と話す。


画像2

[拡大画像]

描き方については「私はよくある『勝利』をハッピーエンドに持ってくる単純な形で戦争を描きたくなかった。私は剥奪、そしてそのプロセスを描きたかった。この映画ではロシア軍が戦下でどのような困難を強いられたかを見せています」と説明し、「私の映画はプロ・スターリンでもアンチ・スターリンでもない。これはラブストーリーです。男女間のではなく、父と娘の、しかもどちらもお互いを生きているとは知らずに愛と運命によって翻弄されるふたりの話なのです」と強調する。

ロシア史上最大の製作費をかけた3部作最終章のために、膨大なリサーチをし8年を費やした。「今作にはたくさんのメタファーと思いがけない展開があるということ。ほぼ偶然といえる形で起こっていきます。2作目の『戦火のナージャ』では破壊というメタファーを描きたく、そこで起こった出来事が、今作で答えが出る形となっています」と内容について明かしている。

遥かなる勝利へ」は11月23日からシネスイッチ銀座、新宿シネマカリテほか全国公開。

太陽に灼かれて[DVD] 太陽に灼かれて[DVD] 最安価格: ¥2,165 1930年代のスターリンの大粛清をテーマに、旧ソ連映画を代表するニキータ・ミハルコフ監督が、激動の時代に引き裂かれた男女の悲劇を描く。
戦火のナージャ[DVD] 戦火のナージャ[DVD] 最安価格: ¥4,298 名作「太陽に灼かれて」のその後を描いた続編。戦争の悲惨さと不条理な現実に翻弄される父と娘の絆を描いた、ニキータ・ミハルコフ監督が放つ渾身の戦争スペクタクル!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi