斎藤久志監督、新作「なにもこわいことはない」で「どうやって人は一緒に生きていけるのか」を問う : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年10月21日 > 斎藤久志監督、新作「なにもこわいことはない」で「どうやって人は一緒に生きていけるのか」を問う
メニュー

斎藤久志監督、新作「なにもこわいことはない」で「どうやって人は一緒に生きていけるのか」を問う

2013年10月21日 14:00

舞台挨拶に立った高尾祥子、吉岡睦雄、斎藤久志監督「なにもこわいことはない」

舞台挨拶に立った高尾祥子、吉岡睦雄、斎藤久志監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「フレンチドレッシング」「いたいふたり」などで知られる斎藤久志監督の最新作「なにもこわいことはない」が10月20日、東京・六本木ヒルズで開催中の第26回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で公式上映され、主演の高尾祥子吉岡睦雄、斎藤監督が舞台挨拶に立った。

子どもを持たずに2人きりで生きることを選んだある夫婦の淡々とした日常を通じ、さまざまな人間関係に潜む孤独やエゴを描き出したドラマ。共演に柄本明角替和枝、映画監督の鈴木元、アクション映画の巨匠・柏原寛司ら豪華な顔ぶれがそろう。

妻役を演じた高尾は、「試写で見た方に感想をうかがうと、本当に人それぞれの感じ方がある。自分自身にとっても新しい発見がたくさんあった。それだけ色々な感じ方ができる映画」。夫役の吉岡は、「最近、“生老病死”という仏教の言葉を覚えた。生まれて老いて病んで死ぬということらしい。世界にも通じる人間の姿を表した良い言葉だなって思った。そんなことを感じる映画じゃないかとひとり勝手に思っている。ぜひ海外の方も“生老病死”を覚えてください!」とアピールした。

斎藤監督は、「今日はワールドプレミア。一般の観客の目に触れるのは今日が初めてなので、ちょっと緊張しています」と挨拶。ひと組の夫婦の日常を淡々と描くことに徹し、「カップルでも友情関係でも、どうやって人は一緒に生きていけるのか。そういうことをずっと自分の映画のモチーフにしてきたので、今回は夫婦という単位で描いてみようと思った。日常のディテールの積み重ね、そういうもので物語を作れないだろうか。ことさら大きな事件が起こらなくても、大きな心の動きを描けるんじゃないかと考えた」と着想を明かした。

なにもこわいことはない」は、11月16日公開。

いたいふたり[DVD] いたいふたり[DVD] 最安価格: ¥5,033 ある日突然痛みを共有してしまうことになった新婚夫婦と、まわりの一癖も二癖もある人々の”いたい”日々を描いたストーリー。監督:斎藤久志
サンデイドライブ[DVD] サンデイドライブ[DVD] 最安価格: ¥3,292 斉藤久志監督で贈る、中年のビデオ屋店長とアルバイトの女の子との不思議な逃避行を描いたドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi