ジュード・ロウが“S・ソダーバーグ最後の劇場作品”を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月9日 > ジュード・ロウが“S・ソダーバーグ最後の劇場作品”を語る
メニュー

ジュード・ロウが“S・ソダーバーグ最後の劇場作品”を語る

2013年8月9日 19:00

抗うつ剤の副作用が引き起こした殺人事件に巻き込まれる精神科医役「サイド・エフェクト」

抗うつ剤の副作用が引き起こした殺人事件に巻き込まれる精神科医役
(C)2013 Happy Pill Distribution, LLC. All rights reserved.
[拡大画像]

 [映画.com ニュース] テレビ界への進出を公言しているスティーブン・ソダーバーグ監督の最後の劇場映画「サイド・エフェクト」について、「コンテイジョン」でもタッグを組んでいる主演のジュード・ロウが語った。

精神科医と抗うつ剤に依存するアメリカ社会をテーマに、ルーニー・マーラ扮する若妻エミリーが引き起こした夫(チャニング・テイタム)殺しをめぐる心理サスペンス。ロウは、エミリーを担当したことから主治医としての責任を問われ、名誉を回復すべく奔走する精神科医バンクス役を熱演している。

難役に当たっては、「(脚本家の)スコット・Z・バーンズが完璧な仕事をしているから、道を間違うほうが難しい。優れた地図があるのだからね」と、役作りが困難でなかったことを強調する。個性的なキャラクターが登場し、二転三転する物語にもかかわらず「僕の仕事の多くがすでに脚本に書かれていた。見事に書かれた脚本だったよ。多くのレイヤーや多くのひねりがあるにもかかわらず、僕はただ自分の役を演じればいいだけだった」と話す。

担当医と患者という関係を危ういバランスで演じた相手役マーラについては、「意識的に2人とも話し合わないようにしていたことが、あとでわかった。ある程度の距離を保ちたかったんだ。僕たちの関係はカメラの前で展開する。事前に自分たちで埋めておくような関係じゃない。ぎこちなさが重要だったから」とその背景を説明。「セットに座って、僕に対してゆっくりと心を開いていく過程はとても楽しかった。僕の仕事は彼女の言葉を聞き、かかわり、心を解放させることだ。でもリハーサルし過ぎると、それが台無しになってしまうんだ」という言葉には、英国アカデミー賞受賞のほか、アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞で数々のノミネートを受けてきた名演技者の余裕が漂う。

「(うつ病で苦しんでいる人は)数人知っているよ。もちろんほとんどの人が、処方薬で症状が好転した友人や、薬の乱用で悲劇的な状況になった友人の友人などを知っていると思う」と、抗うつ剤がもたらす効果と副作用(サイド・エフェクト)について語るロウ。だが、「正直言って、僕はそういう世界をよく理解していたわけじゃない。僕は幸運にも薬に頼る必要はないし、薬との関係も深くないんだ」と自身の経験を明かした。

最後に日本についての印象を尋ねられると、「素晴らしい国だ。大好きだよ。10回くらい訪れていると思う。子どもたちも連れていったし、間違いなく食べものは世界一だ。ルーニーと同じく、僕は東京も京都もよく知っているけれど、もっと旅して回りたいんだ」と語った。

サイド・エフェクト」は9月6日から全国で公開。

アンナ・カレーニナ[DVD] アンナ・カレーニナ[DVD] 最安価格: ¥3,292 豪華キャストが、トルストイの最高傑作を絢爛豪華に完全映画化!時代を駆け抜けた一人の女性の、美しくも激しい愛の物語。出演:ジュード・ロウ
コンテイジョン[Blu-ray/ブルーレイ] コンテイジョン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,189 ティーヴン・ソダーバーグ監督が、地球全体を恐怖に陥れるウィルスの恐怖を豪華俳優陣で描くサスペンス大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi