井口昇が山口雄大が西村喜廣が異色のオムニバス作をアピール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月21日 > 井口昇が山口雄大が西村喜廣が異色のオムニバス作をアピール
メニュー

井口昇が山口雄大が西村喜廣が異色のオムニバス作をアピール

2013年7月21日 08:15

舞台挨拶は大盛況!「「A」」

舞台挨拶は大盛況!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界各国の映画監督が割り当てられた「A」から「Z」までのアルファベットを、頭文字に持つ単語を題材に1編5分で“死”について描く異色の26編のオムニバス映画「ABC・オブ・デス」が、7月20日に公開。日本から参加した井口昇監督、山口雄大監督、西村喜廣監督と出演者たちが東京・新宿武蔵野館で行われた舞台挨拶に登壇した。

総勢10人の登壇者がズラリと並び、劇場は同窓会の様相を呈し、井口監督は「26本見たらクタクタになりますよ」。参加した経緯について「プロデューサーから『大御所と一緒に仕事ができるよ』と言われたんです。(企画書には)デビッド・リンチとかマーティン・スコセッシとかサム・ライミの名があったんですがハッタリだった! 最初はノーギャラでもいいやと思っていたけど『(巨匠の参加は)なくなった』と言われてダマされた! って思いました(笑)」と明かした。

井口は「F」を頭文字とする「Fart(おなら)」というタイトルの作品を監督したが、おならは「好きです(笑)!」。山口監督は「J」を割り振られ「Jidai-Geki(時代劇)」をテーマに死を描き出すが「最初は“JAPAN”にしようかと思ったけど、そこから日本人にしかできないことを考えた」と説明。出演した佐々木大介は「初めて特殊メイクをしたんですが、前が見えないまま4時間、息苦しかったです」と振り返る。

大トリの「Z」で「Zetsumetdu(絶滅)」を監督した西村監督だが、当初は「R」が担当でタイトルは「Rice(コメ)」だったという。「でも(作品が)あまりにも酷くて、唐突過ぎて『前後の作品を殺す』と言われて『Z』になった」と告白し、会場を沸かせる。さらに、「外国人監督は結構マジメなんですが、日本チームは違う解釈をしたみたい(苦笑)」と語り、山口監督は「疲れるけど、心地よい疲れのはず」と胸を張る。井口監督は「この僕でさえも吐きそうになるような作品もありました!」と他の23作品も含め、そのすさまじさをアピールした。

デッド寿司 スペシャルエディション[DVD] デッド寿司 スペシャルエディション[DVD] 最安価格: ¥2,203 「3秒前まではトロだった!!」動画サイト海外版予告編が驚異の再生数となり、世界を仰天させた日本映画が逆上陸。国内外で圧倒的な支持を得る井口昇監督が人食い寿司の恐怖を描いた異色のパニック映画。
赤んぼ少女(初回限定版)[DVD] 赤んぼ少女(初回限定版)[DVD] 最安価格: - 楳図かずお原作コミック『赤んぼ少女』を、『地獄甲子園』の山口雄大監督が映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi