「屋敷女」J・モーリー監督×バタリアンズが日仏ホラー映画談議 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月25日 > 「屋敷女」J・モーリー監督×バタリアンズが日仏ホラー映画談議
メニュー

「屋敷女」J・モーリー監督×バタリアンズが日仏ホラー映画談議

2012年6月25日 13:00

イベントに出席した(左から)井口昇監督 ジュリアン・モーリー監督、山口雄大監督「リヴィッド」

イベントに出席した(左から)井口昇監督
ジュリアン・モーリー監督、山口雄大監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 6月24日行われた「20thアニバーサリー フランス映画祭」のトークイベント「20thアニバーサリー フランス映画祭」@Apple Store, Ginzaで、ホラー映画「リヴィッド」のジュリアン・モーリー監督が来場し、「バタリアンズ」の山口雄大監督、井口昇監督とともに、ホラー映画の撮影手法や裏話を語った。

妊婦が狂気と恐怖に襲われるという衝撃的なストーリーで世界を震かんさせた「屋敷女」で長編デビューを飾った、モーリーと共同監督のアレクサンドル・バスティロ。井口は残虐なスプラッターシーンが登場する同作について「ラスト近くに強烈な場面があって目を伏せてしまいました」と告白。山口は作品の印象から、対面する前のモーリーを「冗談が通じないような怖い感じの人なのかと思っていた」と明かす。

それを受けてモーリーは「私もアレクサンドルも、日常生活では感じのいい普通の人間です(笑)」と、今回バスティロの来日はかなわなかったが、ふたりともいたって普通の感覚を持った人間であることを強調し笑わせる。そして、バタリアンズのふたりを「フランスのコアなホラーファンの間で大評判です。フランスではできない自由さ、狂気があって、抑制がまったくないのがいい」と褒め称えた。

新作「リヴィッド」は、古い屋敷に忍び込んだ少女たちが直面する恐怖を幻想的な映像で描く。「楳図かずおの漫画を思わせるような、少女と恐怖をからませているのが良かった」(井口)、「フレンチホラーは映像が美しい」(山口)とそれぞれ感想を述べると、モーリーは「フランスにはファンタジー映画がほとんどないので、妖精物語のようなおとぎ話にしたかった。優雅な作品にしようと努力しました」と説明した。

そのほか、モーリーがイザベル・アジャーニから直接出演オファーを受けたというエピソードや、低予算で製作されるホラー映画の撮影日数の日仏での違いなど、多岐にわたるテーマでトークに花を咲かせた。

アップルストア銀座でのトークイベントは25日まで開催。「リヴィッド」は9月8日公開。

屋敷女 アンレイテッド版[DVD] 屋敷女 アンレイテッド版[DVD] 最安価格: - 最凶の女殺人鬼“屋敷女”の恐怖を描いた超過激ホラーが、映倫審査拒否の超過激アンレイテッド版で登場!監督:ジュリアン・モーリー、アレクサンドル・バスティロ
ゾンビアス[Blu-ray/ブルーレイ] ゾンビアス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,756 世界の鬼才・井口昇監督が放つ、前代未聞のジャパニーズ・ゾンビアクションムービー!ゾンビと命懸けの“糞闘”を繰り広げる美少女軍団が熱い!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi