電通、タイのブランドコンサル会社を買収 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年5月5日 > 電通、タイのブランドコンサル会社を買収
メニュー

電通、タイのブランドコンサル会社を買収

2013年5月5日 16:15

[映画.com ニュース] 電通は、タイの子会社「電通プラス」を通して、企業や商品の戦略ブランディングに強みを持つ同国のコンサルティング会社「ブランドスケープ社」を、4月30日付で買収した。

これにより、電通プラスはブランドスケープ社のすべてのクライアントや従業員など、特定資産を取得した。狙いは、アセアン地域の有力な広告市場のひとつであるタイにおいて、電通タイランド(1974年設立)に次いで、03年に設立した営業拠点である電通プラスの事業基盤を拡大し、サービスの提供能力を強化すること。今回の買収により、クライアントニーズの高いブランド・コンサルティング領域のサービスが電通プラスの新たなサービスとして加わる。

今後、サービスの開発・提供は電通プラス内に新設する「Brandscape Division」が推進していくことになるが、その統括はタイでブランド領域のビジネスを長きにわたりけん引してきたブランドスケープ社社長のドルチャイ・ブーンヤラタヴェヒ氏が、電通プラスの会長という立場で当たる。こうした活動を通して、電通プラスをこれまでとは異なる広告会社として位置付け、ビジネスのより一層の拡大を目指す。

ブランドスケープ社の売り上げ総利益は、3245万4712タイバーツ(約1.1億円)。(文化通信)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi