中国企業が業界第2位の米映画館チェーンを買収 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月22日 > 中国企業が業界第2位の米映画館チェーンを買収
メニュー

中国企業が業界第2位の米映画館チェーンを買収

2012年5月22日 22:30

[映画.com ニュース] アジアで最大規模の映画館チェーンを保有する中国の複合企業ワンダ・グループ(大連万達集団)が、アメリカで業界2位のシェアを誇る映画館チェーン、AMCエンタテイメントを買収することになったと、ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

AMCは、アメリカとカナダで345館、5034スクリーンを保有。ワンダは、中国に86館730スクリーンを保有している。巨額の負債を抱えるAMCは、2010年夏からワンダ・グループと売却交渉を開始。いったんは物別れに終わったものの、9カ月前から再交渉がスタートしていた。

ワンダ・グループは、AMCの負債20億ドルを含めて26億ドルで買収に合意。これで、世界最大級の映画館チェーンとなった。ワンダ・グループの王健林(Wang Jianlin)会長は、2020年までに世界の映画館の20%の獲得を目指しているという。最近、中国のハリウッド映画への出資が積極的になっており、現在撮影中のシリーズ最新作「アイアンマン3」にも、中国企業のDMGエンタテイメントが製作に参加している。

アイアンマン[DVD] アイアンマン[DVD] 最安価格: ¥457 テロ組織に拉致された巨大軍事企業の社長であり天才発明家でもあるトニ・スタークは、彼らの目を盗んで戦闘用パワードスーツを作り出し、脱出に成功する。そして自社兵器がテロ組織に悪用されていたことを知った彼は、テロ撲滅のために“アイアンマン”となって戦いに挑んでいく…。
アイアンマン2[DVD] アイアンマン2[DVD] 最安価格: - 自ら創ったハイテクスーツを装着し、世の悪と闘うヒーロー「アイアンマン」第2弾。自らアイアンマンであることを告白した大企業スターク・インダストリーCEOのトニー・スタークに新たな危機が迫っていた。トニーの勝手なヒーロー行為が問題視され、米国政府がパワードスーツの没収を命令する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi