石川寛監督、宮崎あおいとの出会いを述懐「ゴムまりみたいだった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月8日 > 石川寛監督、宮崎あおいとの出会いを述懐「ゴムまりみたいだった」
メニュー

石川寛監督、宮崎あおいとの出会いを述懐「ゴムまりみたいだった」

2013年4月8日 16:30

おおはた雄一と石川寛監督「好きだ、」

おおはた雄一と石川寛監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「好きだ、」以来、約6年ぶりに石川寛監督と宮崎あおいがタッグを組んだ「ペタル ダンス」のトークセッションが4月7日、都内で行われ、石川監督とシンガーソングライターのおおはた雄一が出席。ふたりの出会いや思い出話、本作について語り合った。

石川監督は、「好きだ、」のライブイベントでおおはたと出会い、楽曲「クレア」のジャケット写真を担当。荒涼とした土地をイメージし、青森の海辺を中心に撮影を敢行した。石川監督はこの経験をきっかけに、本作の撮影地を青森に決めたそうで「『クレア』と同じ砂浜で撮影している」と明かした。ふたりは、ジャケット写真だけではなく三井住友海上火災のCMでもコラボレーションしており、石川監督は「不思議なつながり」と感慨深げだ。一方のおおはたは、「(石川監督が)自然の響きで撮りたいと言って、品川の教会で撮った。『もっとふだんの感じで』と言われて、石川さんのこだわりを感じた」と当時を振り返った。

幾度となく宮崎とタッグを組んできた石川監督は、テレビCMのオーディションで14歳のころの宮崎と出会ったといい「あおいちゃんとの出会いの瞬間ってよく覚えてるんですよね。ゴムまりみたいだった。(オーディション会場の)体育館のようなところに入っていたら、僕を見て遠くでとび跳ねたんですよね。ゴムまりっていうのは、彼女の中にいろんなものがあって、これから弾けるのかなっていうイメージ」と笑顔をのぞかせた。

今作は、宮崎をはじめ忽那汐里安藤サクラ吹石一恵の実力派女優が結集した。独特の演出方法で知られる石川監督は、「(撮影後)『生きていることを強く望まれる』と言われた。僕が好きな映画は、ある思いを持ってそこにいる生身の人が出てくるんです」と持論を展開。「演技として間を取っているのではなくて、いろんなことを考えていて黙るしかない時間ってあるじゃないですか。黙っている時間があるからこそ、その人たちの関係が伝わってくる」と映像表現における考えを語った。おおはたはこの日、持参したギターを片手に「クラムボン」のボーカル・原田郁子に提供した楽曲「波間にて」を生演奏。心地よいサウンドで、石川監督や会場に集まったファンを魅了した。

ペタル ダンス」は、4月20日から全国で公開。

好きだ、[DVD] 好きだ、[DVD] 最安価格: ¥3,386 宮崎あおい、西島秀俊、永作博美、瑛太の豪華キャストで贈る、1組の男女の17年に渡る愛の軌跡を詩情豊かに描いたセンチメンタル・ラブストーリー。
ツレがうつになりまして。 プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ツレがうつになりまして。 プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,886 夫がうつ病になったことをきっかけに、これまでの自分たちを見つめ直し、成長していく夫婦の姿を描いた、細川貂々のベストセラーコミックエッセイが待望の映画化!出演:宮崎あおい

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi