川島海荷、アニメキャラへの妄想炸裂! 「私だけに見せる顔を独占したい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月8日 > 川島海荷、アニメキャラへの妄想炸裂! 「私だけに見せる顔を独占したい」
メニュー

川島海荷、アニメキャラへの妄想炸裂! 「私だけに見せる顔を独占したい」

2013年2月8日 22:00

先行上映会に登場した川島海荷「スタードライバー THE MOVIE」

先行上映会に登場した川島海荷
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アニメーション映画「スタードライバー THE MOVIE」の公開を翌日に控えた2月8日、都内劇場で先行上映会が開催され、川島海荷らが所属するガールズユニット「9nine(ナイン)」 が登壇。本作の主題歌「colorful」など3曲を披露した。

「STAR DRIVER 輝きのタクト」として放送された人気アニメを再構築し、さらにテレビ版最終回のその後の物語を加えた本作。ワコ、タクト、スガタは運命的な出会いを果たし交流を深めていくが、彼らが過ごす学園の地下に眠る巨大ロボットをめぐり事態は動き始める。

「9nine」にとって、2010年にアイドルグループから現在のガールズユニットとして再スタートを切って、最初のシングルとしてリリースしたのがテレビ版のエンディングテーマである「Cross Over」。続く「SHINING☆STAR」も同アニメのオープニングテーマに使用されており、今回の映画版でも主題歌を担当することにメンバー一同、感激もひとしお。佐武宇綺は映画化について「やっと来たか! という気持ち」と語り、村田寛奈も「うれしい気持ちと感謝でいっぱいです」と満面の笑みを浮かべる。

吉井香奈恵は「『Cross Over』で始まり、2013年も『スタードライバー』でスタートが切れました。映画館で自分たちの歌が流れるのは楽しみです」と劇場公開が待ちきれない様子。川島は「不思議な縁を勝手に感じてます。この2年でちょっとは私たちも成長できたかなと思いますが、登場人物たちも成長していくので一緒に歩んでる感じがしています」と自分たちの2年の軌跡を作品に重ね合せる。

「Cross Over」「SHINING☆STAR」に続いてファンの前で披露された「colorful」について、「Perfume」の“あ~ちゃん”こと西脇綾香の妹として注目を浴びる西脇彩華は「疾走感、爽快感があり歌詞の意味も深いなと思います」と語る。さらに「初めて主題歌を歌わせていただいたときは自分たちのパフォーマンスで精一杯だったなというのが本心。2年経って、今度は自分たちから何かを伝えたり、背中を押すことができたら」と歌に込めた思いを熱く語った。

当然のことながらメンバーたちは本作の大ファン。クールなスガタと熱いタクトの間で揺れるワコの乙女心が描き出されるが、バレンタインのチョコをあげるならどっち? という問いに西脇が「一緒にワイワイできる人がいい!」とタクトを推す。川島は「私だけに見せるギャップを見せてほしい。みんなの前ではクールだけど、私だけに見せる顔を独占したい」とスガタに対する妄想を炸裂させ、観客の喝采を浴びていた。

スタードライバー THE MOVIE」は、2月9日から公開。

STAR DRIVER 輝きのタクト Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] STAR DRIVER 輝きのタクト Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥26,957 ヒットメーカーが集結して創り上げる学園ロボットSFアクション!青い空と青い海に囲まれた南国の島を舞台に、恋あり夢あり友情ありの『青春の謳歌』が今、始まる。
好好!キョンシーガール ~東京電視台戦記~ 1[DVD] 好好!キョンシーガール ~東京電視台戦記~ 1[DVD] 最安価格: ¥1,512 アイドル・川島海荷が、あのキョンシーと大バトル!!第1話から第3話までを収録。出演:川島海荷/9nine

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi