銀座シネパトス最終上映作品「インターミッション」予告編完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月2日 > 銀座シネパトス最終上映作品「インターミッション」予告編完成
メニュー

銀座シネパトス最終上映作品「インターミッション」予告編完成

2012年12月2日 16:00

予告編が完成した「インターミッション」「インターミッション」

予告編が完成した「インターミッション」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画評論家・樋口尚文氏がメガホンをとる、銀座シネパトスの最終上映作品「インターミッション」の予告編が完成した。日本映画黄金期の大スターから、現在のインディペンデント映画をけん引する若手ホープまでが結集したぜい沢な構成。映像の途中で流れる「何なんだ、この映画は」というテロップ通り、片時も目を離すことができない仕上がりだ。

東京・銀座唯一の名画座として親しまれてきた銀座シネパトスだが、同館の所在地である三原橋地下街の耐震性の問題で取り壊しが決まり、2013年3月末での閉館を余儀なくされた。今作のメガホンをとる樋口監督は、閉館を惜しむファン、俳優、スタッフらの思いを代弁するかのごとく、私費を投じて同館でのオールロケによる映画製作を決意。この熱い思いを受け、樋口監督からオファーを受けた俳優は誰ひとりとして断ることなく、手弁当での撮影を快諾した。

予告では、主人公となる名画座の支配人夫婦を演じる秋吉久美子染谷将太の姿はもちろん、“アブないお客様たち”が躍動する。ひし美ゆり子と畑中葉子小山明子夏樹陽子が客席で語らう姿は、どこまでも自然体。竹中直人大島葉子佐野史郎寺島咲による“クスッ”と笑えるやり取りからも目が離せない。

さらに香川京子佐伯日菜子中川安奈杉野希妃大瀬康一古谷敏らも存在感を放っている今作は、タイトル通り劇場の休憩時間に展開される、ユニークな観客たちの会話劇が織りなすブラックコメディ。予告終盤に強烈なインパクトを放つ「映画っていうのは、何でもありなのよ」というセリフが、全てを暗喩している。

インターミッション」は、2013年2月23日から東京・銀座シネパトスで限定公開。

夢千代日記-全集-[DVD] 夢千代日記-全集-[DVD] 最安価格: - NHKにて放映された、吉永小百合が薄幸の温泉芸者を演じて大ヒットした珠玉のドラマ、第1シリーズ全5話を収録したDVD-BOX!出演:秋吉久美子
貞子3D ~2Dバージョン DVD~[DVD] 貞子3D ~2Dバージョン DVD~[DVD] 最安価格: ¥1,642 1998年に一大ブームを巻き起こした『リング』の貞子が蘇る!!鈴木光司書き下ろしのシリーズ第5弾!各地で不審死が相次ぐが、警察は一様に自殺と断定する。だが、みな共通して死の直前にある動画を見ていた。その動画からは、「お前じゃない…」という女の声が聞こえる―。出演:染谷将太

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi