秋吉久美子、銀座シネパトス最後の映画で初の夫婦共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月18日 > 秋吉久美子、銀座シネパトス最後の映画で初の夫婦共演
メニュー

秋吉久美子、銀座シネパトス最後の映画で初の夫婦共演

2012年9月18日 16:47

メガホンをとる樋口尚文氏と 夫婦初共演を果たす秋吉久美子、小野寺・グレン・光「インターミッション」

メガホンをとる樋口尚文氏と
夫婦初共演を果たす秋吉久美子、小野寺・グレン・光
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2013年3月末での閉館が決定している銀座シネパトスの閉館作品として、同劇場を舞台に製作される「インターミッション」のクランクインに先立ち9月18日、同館に近い東京・築地の波除稲荷神社でお祓いが行われ、メガホンをとる映画評論家の樋口尚文氏、鈴木伸英支配人、キャストの森下くるみらが出席した。お祓いに先駆けて本作への出演者が発表されたが、すでに出演が明らかになっている秋吉久美子に加え、秋吉の夫の小野寺・グレン・光が出演することも決定。夫婦そろっての映画出演はこれが初めてとなる。

銀座シネパトスは銀座唯一の名画座として長く親しまれてきたが、東日本大震災の発生を受けて耐震性の見直しが行われ、やむなく取り壊されることになった。樋口監督が親交の深い鈴木支配人と相談し、「普通はしみじみと“さよなら興行”で終わるところですが、それもシャクなので、映画で震災や暗い感じを吹き飛ばせないか?」(樋口監督)と私費を投じて本作を撮影するに至った。

鈴木支配人は「こういう日が来るとは思っていなかった」と閉館への無念をにじませながらも、「明るく楽しく見送りたい。ファンや映画人のみなさんと一緒に映画を作れるのは奇跡。シネパトスは幸せだなと思います」と前を向く。撮影を間近に控える樋口監督は、「明るく激しくね」と豪快に笑う。

この日、秋吉をはじめ染谷将太香川京子小山明子竹中直人佐野史郎佐伯日菜子ら、そうそうたる出演陣が明らかになったが、樋口監督は「撮影所のスターからインディ系のホープまで混在する、日本映画ではあり得ないキャスト。全員が友情出演でボランティアに近い(笑)。面白いことをしようという映画愛があり、震災で映画文化がなくなることに対して、ここでひと肌脱いで応援しようと共鳴して集まってくれました」と感慨深げ。「シナリオもなく、役柄も分からないうちに10分くらい話しただけでみなさん『やる』と即決してくれた。全員アテ書きです」と明かす。

森下は、キャスト陣の中に名を連ねることについて「私の女優としての立ち位置は奇妙ですし、おそれ多かったです」と恐縮しつつも、「私たちの世代の新しさを知ってほしい」と意気込みを明かす。

気になる映画の内容だが、樋口監督によれば「好きなものだらけのパフェのような映画」だという。「バランスゼロの相当ぶっ壊れた映画になります。メロドラマにヤクザもの、ホラーにヌーベルバーグも入っていて、シナリオを読んだ人はみんなびっくりすると思う」と語る。森下自身、お祓いに参加したものの、脚本はこれから手渡されるそうで「ハラハラしますが、そういう目に遭わせてくれる監督もいないですからね」と期待を口にする。現状では“夢の女”クルミという設定だけが明らかになっているが、樋口監督は「森下さんのパートはかなり面白いです。ひとつだけヒントを言うなら、(フェデリコ・)フェリーニの映画へのオマージュを捧げています」と不敵な笑みを浮かべていた。

インターミッション」は、9月23日から同館でクランクイン予定。エキストラも募集中。13年2月23日から同館で限定公開。

赤ちょうちん[DVD] 赤ちょうちん[DVD] 最安価格: ¥4,104 都会の片隅で、同棲する男女がひたむきに生き続けていく姿を描いた青春作品。出演:秋吉久美子
貞子3D 貞子の呪い箱【4,444セット限定】[Blu-ray/ブルーレイ] 貞子3D 貞子の呪い箱【4,444セット限定】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,074 鈴木光司書き下ろしのシリーズ第5弾!各地で不審死が相次ぐが、警察は一様に自殺と断定する。だが、みな共通して死の直前にある動画を見ていた。その動画からは、「お前じゃない…」という女の声が聞こえる―。出演:染谷将太

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi