ウォン・カーウァイ監督、2013年のベルリン映画祭審査員長に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月2日 > ウォン・カーウァイ監督、2013年のベルリン映画祭審査員長に
メニュー

ウォン・カーウァイ監督、2013年のベルリン映画祭審査員長に

2012年9月2日 09:00

ウォン・カーウァイ監督「ブエノスアイレス」

ウォン・カーウァイ監督
Photo by Photoshot/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ブエノスアイレス」「花様年華」などで知られる香港の映画監督ウォン・カーウァイが2013年の第63回ベルリン国際映画祭の審査員長を務めることがわかった。

上海生まれのカーウァイ監督は5歳で香港に移住し、1988年に「いますぐ抱きしめたい」で監督デビューした。カメラマンのクリストファー・ドイルとのタッグで製作された「恋する惑星」(94)、「ブエノスアイレス」(97)などが国内外で高く評価され、世界的な人気を博す。「花様年華」(00)で主演のトニー・レオンがカンヌ映画祭男優賞を受賞。「2046」(06)では日本人キャストとして、木村拓哉を起用し話題となった。06年にカンヌ映画祭で審査員長を経験している。

カーウァイ監督が初めてカンフーを題材に取り上げ、ブルース・リーの師匠としても知られる伝説の武術家イップ・マンの物語を描いた「グランドマスター(仮題)」が来年日本公開の予定だ。

第63回ベルリン映画祭は2013年2月7~17日に開催される。

いますぐ抱きしめたい[DVD] いますぐ抱きしめたい[DVD] 最安価格: ¥991 香港映画界の鬼才、ウォン・カーウァイの監督デビュー作。香港の暗黒街に生きる青年の生き様を描いた悲しくも美しいラブ・ストーリー。ウォン・カーウァイ独自の映像センスが光る作品。
2046 スペシャル・エディション[DVD] 2046 スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,102 ある小説家の男が描く近未来小説をベースにストーリーが展開する。アンドロイドと人間が“失われた愛”をもとめてミステリートレインに乗り込み、未知の場所「2046」を目指す様を描いた近未来ラブストーリー。監督:ウォン・カーウァイ、出演:トニー・レオン、木村拓哉

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi