小島慶子「薄桜記」阿久利役で時代劇初挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月17日 > 小島慶子「薄桜記」阿久利役で時代劇初挑戦
メニュー

小島慶子「薄桜記」阿久利役で時代劇初挑戦

2012年7月17日 08:30

時代劇初挑戦となった小島慶子「薄桜記」

時代劇初挑戦となった小島慶子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントの小島慶子が、ジェームス三木が脚本を手がけるNHKのBS時代劇「薄桜記」に出演していることがわかった。小島は、オファーを受けたときのことを「『え? 時代劇? 出たことない! やるやる』。自分にできるかどうかはまるで考えず、見たことのない現場に行ってみたいという野次馬根性が先に立ってしまいました」と振り返っている。

同作は、赤穂浪士たちが華々しく活躍する陰で、吉良方として消えていった侍・丹下典膳の波乱に満ちた人生に焦点を当てる。旗本にして卓越した一刀流の剣豪・典膳(山本耕史)は、妻・千春(柴本幸)の名誉を守るために片腕を失い、浪人となってしまう。典膳は後の赤穂藩家臣・堀部安兵衛(高橋和也)に助けられるが、やがて吉良上野介(長塚京三)の用心棒となり、赤穂浪士たちと対決する運命になる。

小島が今作で演じたのは、赤穂藩主・浅野長矩、通称・浅野内匠頭の正室である阿久利。赤穂浪士たちが吉良邸討ち入りを行う際、精神的支柱となった人物だ。NHKエンタープライズの佐野元彦エグゼクティブプロデューサーは、「人の意見にふらふらと左右されず、精神的に自立していた人物だからこそ、赤穂浪士たちの支えとなった阿久利の『心の強さ』を表現していただくのにふさわしいと考えたからです。小島さんのまなざしの強さは、武家の妻にぴったりでした」と起用理由を説明した。

撮影に臨んだ小島は、「目の前に家臣という設定で有名な役者さんがたくさんいらっしゃって、津川雅彦さんにまで『主の妻』として接しなくてはならなかったので『そんなの無理!!』という心境でしたが、あまり現実を見ないようにしてなんとか心の平静を保った」という。時代劇初挑戦となったオードリーの春日俊彰と夫婦役という設定だったが、「共演はなく、夫亡き後の仏間でのシーンだったので、次は幸せな中年夫婦を演じられれば。相手は春日さんでなくてもかまいません」とコメントを寄せた。

薄桜記」は、BSプレミアムで7月13日午後8時から放送。小島は8月31日放送の第8回に登場する。

薄桜記[DVD] 薄桜記[DVD] 最安価格: - 勝新太郎演じる浪人である中山安兵衛と、市川雷蔵演じる丹下典膳が出会い、二人の剣士の友情と悲恋を描いた大映時代劇の傑作作品。
Mother DVD-BOX[DVD] Mother DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥15,204 女性たちがそれぞれの生きる道の中で、自分を見つめ直し自身で生き方を探し求めていく、現代を生きる女性。出演:山本耕史

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi