スコセッシ監督とプロデューサーの関係に亀裂? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月29日 > スコセッシ監督とプロデューサーの関係に亀裂?
メニュー

スコセッシ監督とプロデューサーの関係に亀裂?

2012年4月29日 22:00

マーティン・スコセッシ監督「ギャング・オブ・ニューヨーク」

マーティン・スコセッシ監督
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 過去10年にわたりマーティン・スコセッシ監督作を手がけてきた映画プロデューサーのグラハム・キングが窮地に立たされている、とハリウッド・レポーター紙が報じた。

キングは自身の制作会社GKフィルムズを通じて、「ギャング・オブ・ニューヨーク」「アビエイター」「ディパーテッド」「ヒューゴーの不思議な発明」といったスコセッシ作品をプロデュース。しかし、1億8000万ドルという大金を投じた最新作「ヒューゴの不思議な発明」が赤字となったため、スコセッシ監督との関係にヒビが入っているという。

同作は日本では興収10億円を超えるヒット作となったが、世界規模では芳しくなかった。世界興収で1億8200万ドルを稼いでいるものの、配給手数料などさまざまなコストが差し引かれるため、GKフィルムは8000万ドルほどの負債を抱える見込みだという。さらに同社が手がけたジョニー・デップ主演映画の「ラム・ダイアリー」や、アンジェリーナ・ジョリーの監督デビュー作「In the Land of Blood and Honey」も赤字となっており、主要出資者である米石油王のティム・ヘディングトンは契約条件の見直しを迫っているという。

こうした背景もあり、キングとスコセッシ監督の関係は悪化。キングが映画化権を握る遠藤周作の「沈黙」に着手する予定だったスコセッシ監督が同企画を棚上げし、レオナルド・ディカプリオ主演で「The Wolf of Wall Street」を手がけることになったのは、こうした事情からだという。ただし、ハリウッド・レポーター紙の取材に対し、スコセッシ監督、キングの広報はいずれも良好な関係であるとの声明を発表している。

ギャング・オブ・ニューヨーク[Blu-ray/ブルーレイ] ギャング・オブ・ニューヨーク[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,426 構想30年、撮影270日、制作費150億円をかけて作られた大作。ローマのチネチッタ・スタジオに19世紀末のニューヨークの街並みを再現し、移民同士の抗争、当時の人々の力強い生き方を描く。監督:マーティン・スコセッシ。
アビエイター プレミアム・エディション[DVD] アビエイター プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥2,030 2005年度アカデミー賞最多5部門に輝く栄誉を手に入れたマーティン・スコセッシ監督作品。壮大なスケールで贈るアクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi