鈴木卓爾監督最新作「楽隊のうさぎ」が主演含む大々的オーディション : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月12日 > 鈴木卓爾監督最新作「楽隊のうさぎ」が主演含む大々的オーディション
メニュー

鈴木卓爾監督最新作「楽隊のうさぎ」が主演含む大々的オーディション

2012年4月12日 14:10

「楽隊のうさぎ」のメガホンをとる鈴木卓爾監督「楽隊のうさぎ」

「楽隊のうさぎ」のメガホンをとる鈴木卓爾監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「私は猫ストーカー」「ゲゲゲの女房」の鈴木卓爾監督が手がける最新作「楽隊のうさぎ」が、主演を含むメインキャストとなる子役の大々的なオーディションを行っている。

原作は、中沢けい氏の同名作で、新潮文庫の100冊、夏の課題図書に選定されたほか、2010年のセンター試験の問題として取り上げられたことでも知られる。学校にいる時間をなるべく短くしたい引っ込み思案の中学生・克久が、学校で最も練習時間の長い吹奏楽部に入部したことで、次第に外の世界を見つめ直し、成長していく姿を描く。

配給を手がけるのは、東京を除く全国のミニシアター、既存映画館など全国約45都市、50館が加盟するシネマ・シンジケート。テレビ局との連携による映画製作の流れとは異なる、新たな興行形態を構築するため、2008年に発足した流通組織で、それぞれの独自性を保持しながら邦・洋を問わず良質で作家性の強い作品を共同で上映してきた。

今作は、北海道・函館で「シネマアイリス」代表を務める菅原和博氏が主体となり、同市出身の作家・佐藤泰志の連作小説を、熊切和嘉監督のメガホンで映画化した「海炭市叙景」のように、物語の舞台となる静岡・浜松の「シネマ・イーラ」が中心となって製作する。「浜松市民発の映画として30年後も見続けられる映画を作りたい」というコンセプトのもと、映像化された作品が教育の現場でも活用されることで、末永く子どもたちへエールを贈る映画になることを目指すという。

オーディションでは、主人公の克久役をはじめ、中学1~3年生の吹奏楽部メンバー、クラスメイトを募集している。キャスト決定後は、週末に演技指導や楽器演奏のリハーサルを数回に分けて行う。詳細は、公式サイト(http://gakutainousagi.com/index.html)まで。浜松市内での撮影は、今夏7月~13年5月中旬の夏休み期間や連休を使用し、計14日間程度を予定。

ゲゲゲの女房[DVD] ゲゲゲの女房[DVD] 最安価格: ¥3,652 水木しげるの妻・武良布枝の貧しく厳しい時代に生きた夫婦の姿を綴った自伝エッセイを映画化!監督:鈴木卓爾
私は猫ストーカー[DVD] 私は猫ストーカー[DVD] 最安価格: ¥3,292 エッセイ集『私は猫ストーカー』をベースに映画化したユーモラスでちょっぴり切ないストーリー。監督:鈴木卓爾

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi