映画化きっかけに復刊した小説「海炭市叙景」、異例の書店員割引実施 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月17日 > 映画化きっかけに復刊した小説「海炭市叙景」、異例の書店員割引実施
メニュー

映画化きっかけに復刊した小説「海炭市叙景」、異例の書店員割引実施

2010年12月17日 12:54

20年ぶりによみがえった名作「海炭市叙景」

20年ぶりによみがえった名作
(C)2010佐藤泰志/「海炭市叙景」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 90年に自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志さんの連作小説を映画化した「海炭市叙景」で、書店員を対象にした異例の割引キャンペーンが実施される。

同作は、佐藤さんの故郷である北海道・函館をモデルにした“海炭市”を舞台に、さまざまな事情を抱えた人々の人生を交錯させ、地方都市の憂うつと再生を繊細なタッチで描く群像劇。「鬼畜大宴会」の熊切和嘉監督がメガホンをとり、加瀬亮谷村美月南果歩小林薫ら演技派俳優陣が結集した。

5度も芥川賞候補に挙げられながら受賞かなわず、41歳で自らの命を絶った佐藤さんの遺作を映画化。原作は36編で構成される予定だったが18篇までの未完で終わっており、91年に集英社から単行本が出版されたが絶版となっていた。今年、映画製作実行委員会の熱心な呼びかけにより小学館から文庫本が出版されると、重版を重ねる売れ行きとなり、およそ20年間忘れられていた作品に再び光が当たった。

人気原作の映画化が相次ぐなか、映画化をきっかけに小説が再版され再評価されることは異例なこと。そこで、より多くの人々に映画と小説の存在を認知してもらうため、関東公開3劇場で書店員特別割引が実施される。劇場窓口で書店員であることが証明できる名刺やネームプレートを提示すれば、大人1人1200円で鑑賞できる。

海炭市叙景」は12月18日から、全国60スクリーン規模で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi