蓮佛美沙子「初心に帰れた」 戸惑いと葛藤抱えた「RIVER」封切り : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月10日 > 蓮佛美沙子「初心に帰れた」 戸惑いと葛藤抱えた「RIVER」封切り
メニュー

蓮佛美沙子「初心に帰れた」 戸惑いと葛藤抱えた「RIVER」封切り

2012年3月10日 15:29

舞台挨拶に立った蓮佛美沙子と廣木隆一監督「ヴァイブレータ」

舞台挨拶に立った蓮佛美沙子と廣木隆一監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2008年に起こった秋葉原無差別殺傷事件を題材にした「RIVER」が3月10日、東京・渋谷のユーロスペースで封切られ、主演を務めた蓮佛美沙子、共演する小林ユウキチ、メガホンをとった廣木隆一監督(「ヴァイブレータ」「軽蔑」)らが初日舞台挨拶を行った。

恋人が殺傷事件の犠牲となった少女(蓮佛)が、秋葉原の街でさまざまな境遇の人々と出会い、過去・現在・未来が絶えず流れる時間の“川”を見つめ、再生へと踏み出す姿を描く。

蓮佛は「ここまで戸惑いや葛藤を抱えた作品は初めて。それだけに初日を迎えてホッとしています」。念願だった廣木作品への出演で「監督はいつも私の心がちゃんと動いているか見ているから、いつ怒られるかわからなくて(笑)。ふだんは計算しながらお芝居しちゃうこともあるが、今回は余計なものをそぎ落とす作業。初心に帰ることができた」という。15分間に及ぶ長回しで、秋葉原をさまよい歩くシーンもあり「撮影初日に撮った。最後のセリフを間違えたらどうしようと思ったが、歩いていると自然と気持ちがブワーと出てきて……。あれが初日で良かったです」と振り返った。

撮影の準備中に東日本大震災が起こり、製作があやぶまれた。廣木監督は「この時期に、こんな映画を撮るのはと考えたが、逆に現実に起こったことに目を背けても仕方がない」と当時の心境を述懐。急きょ、昨年4月に小林とともに被災地となった宮城県南三陸町や仙台市若林区で撮影を敢行し「その場に立ったことに意味があったと思う」。小林は「ウソみたいな光景。まるでゲームの中のような感覚で、怖かったです」と話した。

舞台挨拶には中村麻美尾高杏奈小林優斗、Quinka, with a Yawan(キンカ、ウィズアヨオン)、megが出席した。

Q10 DVD-BOX[DVD] Q10 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥13,471 人間にそっくりなロボットに恋をしてしまった高校生の姿を描いた、佐藤健、前田敦子主演のSF青春ドラマのBOX。出演:蓮佛美沙子
軽蔑 ディレクターズ・カット ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 軽蔑 ディレクターズ・カット ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,203 芥川賞作家・中上健次原作の異色ラブストーリーを、恋愛映画の名手・廣木隆一監督の手によって映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi