“アラサーヤンキー”斎藤工&窪塚俊介、飲みに行く約束は社交辞令? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月10日 > “アラサーヤンキー”斎藤工&窪塚俊介、飲みに行く約束は社交辞令?
メニュー

“アラサーヤンキー”斎藤工&窪塚俊介、飲みに行く約束は社交辞令?

2012年3月10日 21:35

初日挨拶に立った斎藤工と窪塚俊介「不良少年 3,000人の総番(アタマ)」

初日挨拶に立った斎藤工と窪塚俊介
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1970年代を舞台にした青春劇「不良少年 3,000人の総番(アタマ)」が3月10日、東京・池袋シネマ・ロサで公開初日を迎え、主演を務めた斎藤工窪塚俊介須藤温子岩永洋昭、原作者の遠藤夏輝、メガホンをとった宮野ケイジ監督が舞台挨拶に立った。

3000人の全校生徒のうち、半数がヤンキーという工業高校を舞台に、他校の不良たちとのケンカに明け暮れる千藤鷹也(斎藤)と親友の菱川晃希(窪塚)が、校内の「総番(アタマ)」の座をかけた壮絶な権力争いに巻き込まれる。かつては暴走族のリーダーだった遠藤氏の自伝的小説「東京不良少年伝説」を映画化。斎藤演じる主人公は、遠藤氏がモデルになっており「斎藤さんが演じると聞いて『かっこ良すぎない?』と思ったが、すごい目力をもっている。菱川のモデルは女にモテるムードメーカーで、窪塚さんにピッタリ」(遠藤氏)とキャスティングに太鼓判だ。

斎藤と窪塚にとって、舞台となった70年代は生まれていない時代。それでも、斎藤は「当時は多くのことが変動した時代。その“うねり感”を表現したかった。同時に(遠藤)先生にお会いして、時代に寄せるのではなく、優しい人柄をもったひとりの人間を演じることを意識した」と役作りを述懐。窪塚も「知らないものをモノマネするより、自由に想像力を使って演じたので、楽しい現場だった」と語った。

ふたりとも30歳を迎えてのヤンキー役に照れくさそうな表情も見せたが、撮影ではすっかり意気投合。メールアドレスの交換も済ませたというが「そういえば飲みに行く約束をしたまま、まだ行っていない。社交辞令に終わりそう」(窪塚)、「えっ、じゃあ行こうよ」(斎藤)と役柄さながらの仲良しぶりで、場内を和ませていた。

THE FAMILY 絆[DVD] THE FAMILY 絆[DVD] 最安価格: ¥3,995 斎藤工の初座長舞台「THE FAMILY 絆」をDVD化。
46億年の恋[DVD] 46億年の恋[DVD] 最安価格: ¥1,231 小説「少年Aえれじぃ」を、三池崇史監督が松田龍平と安藤政信の共演で映画化した異色ラブロマンス。出演:窪塚俊介

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi