堤幸彦監督、14年ぶり再タッグの堂本剛は「親子みたいなもの」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月20日 > 堤幸彦監督、14年ぶり再タッグの堂本剛は「親子みたいなもの」
メニュー

堤幸彦監督、14年ぶり再タッグの堂本剛は「親子みたいなもの」

2012年2月20日 16:35

堂本剛と14年ぶりのタッグを組む堤幸彦監督「金田一少年の事件簿 上海魚人伝説」

堂本剛と14年ぶりのタッグを組む堤幸彦監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「KinKi Kids」の堂本剛が昨年9月、京都・平安神宮で行ったソロライブを映画監督の堤幸彦が映像化した「平安結祈 heianyuki」の完成披露試写会が2月20日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた。

上映前には、堂本と堤監督が舞台挨拶に登壇。「堤監督がステージに立つ僕の道しるべになってくれた」(堂本)、「僕らは親子みたいなもの。父親が息子のために気合を入れた結果、すごい作品ができてしまった」(堤監督)と堂本の初主演作「金田一少年の事件簿 上海魚人伝説」(1997)以来、14年ぶりの再タッグに手応え十分だった。

昨夏、堂本サイドの意向で、堤監督にライブ映像の撮影を打診したところ快諾。昨年9月2日から3日間限定の予定で行われた「堂本剛 平安神宮公演2011」(9月3日は台風のため中止)のうち、9月4日の公演を収録した。当初、映画化の予定はなかったが、今年1月から劇場公開に向けたプロジェクトが動き出したという。

堂本は「国難に見舞われた日本の悲しみと痛み、そして未来への勇気、希望、愛を凝縮し、命を響かせた。こうした形で映画になったのは不思議なご縁を感じる。堤監督とご一緒し、安心感の中で奏でる音楽は、メッセージが倍増した」。堤監督は「スーパースターという立場でありながら、『何かを伝えなければ』という信念を強力にもっている。“父親”として蓄積したノウハウを剛さんに使ってもらうつもりだったが、実にシンプルな映画に仕上がった。これまでの蓄積がリセットされ、新しい発見をさせてもらった」と共闘に誇らしげな表情だった。

ライブ映像の劇場公開は、ジャニーズ事務所のタレントでは初。TOHOシネマズの全55館をはじめ、全国で全65館と男性ソロアーティストのライブ映像上映として過去最大の規模になり、福島、宮城、岩手、沖縄での特別上映も決定している。

「平安結祈 heianyuki」は2月24日から3月11日まで期間限定公開。

SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 Bl...[Blu-ray/ブルーレイ] SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 Bl...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥20,218 戸田恵梨香と加瀬亮がW主演を務め、特殊能力を持った犯人を追うふたりの刑事の活躍を描いたミステリードラマのBOX。監督:堤幸彦
to Heart ~恋して死にたい~ DVD-BOX[DVD] to Heart ~恋して死にたい~ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥18,960 1999年7月~9月までTBS系で放送された、堂本剛主演の青春ラブストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi