鬼才ベルナー・ヘルツォーク監督、トム・クルーズ主演作で悪役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月11日 > 鬼才ベルナー・ヘルツォーク監督、トム・クルーズ主演作で悪役に
メニュー

鬼才ベルナー・ヘルツォーク監督、トム・クルーズ主演作で悪役に

2011年10月11日 13:12

謎めいた年齢不詳の悪役に「ユージュアル・サスペクツ」

謎めいた年齢不詳の悪役に
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ドイツの鬼才ベルナー・ヘルツォーク監督が、トム・クルーズ主演作「One Shot」で悪役を演じることがわかった。

原作は、英作家リー・チャイルドの同名ベストセラー小説で、元米軍人ジャック・リーチャーが活躍するハードボイルド・シリーズの第9弾。同シリーズは日本でも、97年のシリーズ第1作「キリング・フロアー」ほか、「反撃」「警鐘」「前夜」など一部が邦訳されている(いずれも講談社文庫)。

「One Shot」では、5人を銃殺した容疑で逮捕されたスナイパーをめぐるストーリーが展開され、ヘルツォーク監督は、“ザ・ゼック(The Zec)”と呼ばれる謎めいた年齢不詳の悪役を演じるという。ほか、ロザムンド・パイクリチャード・ジェンキンスらが出演。「ユージュアル・サスペクツ」「ワルキューレ」の脚本家クリストファー・マッカリーが監督と脚本を手がけ、11月のクランクインが予定されている。

クラウス・キンスキー主演の「アギーレ・神の怒り」や「フィツカラルド」で知られるヘルツォーク監督は、過去にも俳優として映画に出演しているが、ハリウッド大作への出演は今回が初となる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi