生瀬勝久、共演7年目にして沢村一樹との確執解消? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月28日 > 生瀬勝久、共演7年目にして沢村一樹との確執解消?
メニュー

生瀬勝久、共演7年目にして沢村一樹との確執解消?

2011年9月28日 15:54

「サラリーマンNEO」メンバーが結集!「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」

「サラリーマンNEO」メンバーが結集!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の生瀬勝久が9月28日、東京・青山スパイラルホールで行われた映画「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」のイベントに出席した。7年目を迎えたテレビ番組「サラリーマンNEO」を振り返った生瀬は、「ようやくメールアドレスを交換したメンバーもいるんです。(共演している)沢村一樹さんと僕の間の確執も映画ですっかり解消されて」とポツリ。そして「嘘ですけどね。記事になるためには嘘をついてもいい!」と報道陣の笑いを誘った。

第一生命が開催する第25回サラリーマン川柳コンクールの応援団として、生瀬をはじめ中越典子堀内敬子山西惇入江雅人八十田勇一が参加。これまでに一般投稿者から寄せられた川柳をコントに仕上げ、ファッションショー形式で披露した。

同番組のキャラクターである報道男(むくみちお)に扮した生瀬は、「“サラ川”(サラリーマン川柳)は時代を映す鏡」と持論を展開。「5、7、5の言葉にこれだけの思いを込められるのは日本語だけ。英語だとAからZじゃないですか……」と言葉が続かなくなってしまうひと幕も見られ、中越ら共演者から「見切り発車」と鋭い突っ込みを受けタジタジだった。

1カ月後に公開を控えた本作については、「テレビ番組はオムニバス形式だけど、映画はひとつのストーリーになっている」と説明し、「面白いと言ったらハードルが上がっちゃうから、最低5回は笑えるところがあると保証します」とアピール。そしてサラリーマン川柳は、「歴史に残ります。日本にとって大きな転換期を迎える大事な1年にぜひ参加してください」と笑顔をのぞかせた。

業界万年5位のNEOビール社を舞台に、社長命令によってトップを目指すことになったサラリーマンたちが奮闘する姿をコミカルに描く。2004年からNHKで放送された人気テレビ番組を、全シリーズで演出を手掛けている吉田照幸がメガホンをとり映画化。生瀬、中越らのほか小池徹平田口浩正郷ひろみ、アイドルグループ「AKB48」の篠田麻里子らが出演している。

サラリーマンNEO 劇場版(笑)」は、11月3日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi