ダコタ・ファニング、エマ・トンプソン脚本の伝記映画で満たされない若妻に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月23日 > ダコタ・ファニング、エマ・トンプソン脚本の伝記映画で満たされない若妻に
メニュー

ダコタ・ファニング、エマ・トンプソン脚本の伝記映画で満たされない若妻に

2011年8月23日 11:17

満たされない若妻を演じるファニング

満たされない若妻を演じるファニング
写真:Retna UK/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手女優ダコタ・ファニングが、女優・脚本家のエマ・トンプソンが執筆した伝記映画「エフィ(Effie)」で、当初主演予定だったシアーシャ・ローナンに代わり主役を演じることが決定した。

1850年代の英ロンドンで活躍した美術評論家ジョン・ラスキンと、10代で嫁いだ美しい妻エフィ・グレイ(ファニング)の満たされない結婚生活を描く時代劇。ラスキンは妻エフィの肉体を嫌悪し、決して性的関係を結ぼうとしなかった。愛のない結婚に苦しむエフィは、ラスキンの教え子である画家ジョン・エバレット・ミレーと恋に落ちる。

米Deadlineによれば、夫ラスキン役をトンプソンの夫で俳優のグレッグ・ワイズ、画家ミレー役を俳優トム・スターリッジが演じる。また、トンプソンもエフィの理解者となるイーストレイク婦人役で出演する。

リチャード・ラクストン監督がメガホンをとり、10月17日よりスコットランド、ロンドン、ベネチアで撮影が行われる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi