松田聖子、松ケン主演「平清盛」で大河ドラマ初出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月13日 > 松田聖子、松ケン主演「平清盛」で大河ドラマ初出演
メニュー

松田聖子、松ケン主演「平清盛」で大河ドラマ初出演

2011年8月13日 07:02

大河ドラマ初出演を果たす松田聖子「新・平家物語」

大河ドラマ初出演を果たす松田聖子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手で女優の松田聖子が、松山ケンイチが主演を務める第51回NHK大河ドラマ「平清盛」に出演することがわかった。大河ドラマ初出演となる松田は、白河法皇の愛妾(あいしょう)として長年にわたりちょう愛を受け、幼いころの清盛の成長を見守った祇園女御役に挑む。

大河ドラマのなかで祇園女御が登場するのは、「新平家物語」(1972)で新珠三千代が演じて以来2度目。今回は、白川院の傍らで過ごすなかで平忠盛の武勇に目をつけ、舞子が身ごもった子・清盛を育てる後押しをする。その成長を見届けると都を去り、乙前と名を変え歌舞音曲の名手として静かな日々をおくる。祇園女御と乙前を同一人物とするのは、脚本を手がけた藤本有紀のオリジナルの設定だ。

また、清盛(松山)や後白河天皇(松田翔太)が迷いや孤独を抱えたときの、良き相談相手という一面も併せ持つ。松田は近年、映画「矢島美容室 THE MOVIE 夢をつかまネバダ」や米フォックスTVの人気ドラマ「BONES シーズン5」に出演。今回は「台本を読ませていただき、お話をいただいた祇園女御という役に、そして物語にすっかり魅せられてしまいました。初めて大河ドラマに出演させていただきますが、全力で祇園女御という素晴らしい役を演じさせていただきたいと思います」とコメントを寄せた。

同局の磯智明チーフ・プロデューサーは、乙前と名を変えた祇園女御が後白河天皇の歌の師匠として登場するため「印象的な歌声の持ち主であるというのは、キャスティングするうえでの絶対条件でした」と述懐。だからこそ、「聖子さんの清らかで日本人のハートに響く歌声は時空を超えて、平安時代末期の夢中で生きた人々の生きざまを時に優しく、時に華やかに包み込んでくれると思います」と自信のほどをうかがわせている。

「平清盛」は、2012年1月から全50回で放送。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi