桜庭ななみ、“父”杉田監督に「宝石のような女優に近づきたい」と宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月15日 > 桜庭ななみ、“父”杉田監督に「宝石のような女優に近づきたい」と宣言
メニュー

桜庭ななみ、“父”杉田監督に「宝石のような女優に近づきたい」と宣言

2011年6月15日 17:00

本物の父娘のよう「最後の忠臣蔵」

本物の父娘のよう
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の桜庭ななみが6月15日、東京・銀座の山野楽器本店で行われた「最後の忠臣蔵」のブルーレイ&DVD発売記念イベントに、杉田成道監督とともに出席した。桜庭は19日の「父の日」にちなみ、「女優・桜庭ななみの父親である監督に」と杉田監督に手紙を贈り、「まばゆいばかりの輝きをもった大きな宝石のような女優に近づけるように頑張りたい」とニッコリ。思いがけないサプライズに杉田監督も、「ひとりの女優が大空に羽ばたいていく。いずれ手が届かないところに行っちゃうんだろうなと思いながらもうれしい」と感無量の面持ちだった。

池宮彰一郎原作の時代小説を、役所広司佐藤浩市のダブル主演で映画化。赤穂浪士の吉良邸討ち入りで密かに生き残った瀬尾孫左衛門(役所)と寺坂吉右衛門(佐藤)という武士の出会いを通して、忠臣蔵の結末を描く。メガホンをとった杉田監督は第30回藤本賞・特別賞、ヒロインの大石内蔵助の娘・可音を演じた桜庭は第53回ブルーリボン賞新人賞を受賞した。

人気小説を映画化するにあたり杉田監督は、「時代劇はアクションがある場合は勧善懲悪で語られがちだが、これはアクションがないのでどう情緒を伝えるか、どう届くのかが心配だった」と述懐。キャスティングは「ほぼ100%思っていた形が実現できた」と語り、「(同作は)作品の色合いが可音の色で決まる作品。タッチがまるっきり変わってしまう」と桜庭の起用が同作の肝であったことを明かした。

桜庭は時代劇に挑戦するにあたり、クランクインの一カ月前から杉田監督とともにリハーサルを行ったという。「『セリフにするな』というアドバイスをもらったけど、すごく難しくて。ちょっとだけ成長したかな」と話した。1シーンごとに指導を行った杉田監督は、「『私は必要じゃないの?』というシーンで、こんなに成長するのかと思った。女は化ける」と絶賛した。

最後の忠臣蔵」のブルーレイ&DVDは、6月15日発売。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi