「パイレーツ4」宣教師役の新人は「人魚との共演は最高の体験」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月20日 > 「パイレーツ4」宣教師役の新人は「人魚との共演は最高の体験」
メニュー

「パイレーツ4」宣教師役の新人は「人魚との共演は最高の体験」

2011年4月20日 18:10

新たに仲間入りした宣教師役のサム・クラフリン「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉」

新たに仲間入りした宣教師役のサム・クラフリン
(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気シリーズ第4弾の「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉」で宣教師フィリップ役を演じたサム・クラフリンが、同作について語った。

シリーズ初の3D映像を採用した同作では、ジャック・スパロウ、伝説の海賊・黒ひげ、女海賊・アンジェリカらが、永遠の命をもたらす“生命(いのち)の泉”をめぐり冒険に乗り出す姿を描く。

前作までメインキャラクターを務めたオーランド・ブルームに代わり、クラフリンは新キャラクターに抜てきされた。「僕自身も周りの人間も信じられないというのが素直な感想だった」と述懐。だからこそ、「監督から電話で合格の知らせを受けた時は、今までの人生で1番ビックリしたと同時に、最高に幸せな気分だったよ」と喜びをあらわにした。

同作で人魚シレーナ役に起用されたアストリッド・ベルジェ=フリスベとは、顔合わせを行ったときから意気投合し、FacebookやSkypeで連絡を取る仲になったという。「彼女との共演は最高の体験だった」と撮影を振り返り、「美ぼうと才能を兼ね備えた彼女は、注目の存在になっていくこと間違いない」と絶賛した。

スパロウのユーモアに加え、同作では「悪役と呼ぶにふさしい“最恐の海賊”黒ひげの存在が、恐怖感とスリルを醸し出している」と力説。そして、「海賊たちが沖を離れ、陸地を徒歩で探検して回る姿は、新鮮で新たな楽しみを与えてくれると思う」と話した。

「どんな挑戦でも受け入れていく」と熱弁するクラフリンは、「一定の目標を定めてしまうと、かなわなかったときガッカリするだろうし、視野を大きく構えたうえであらゆるオプションに対してオープンな姿勢を保って行ければと思っているよ」と意欲を見せた。

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉」は、5月20日から全世界同時公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi