橋本愛「アバター」のひょう変する女子高生はやりやすかったと自信 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月7日 > 橋本愛「アバター」のひょう変する女子高生はやりやすかったと自信
メニュー

橋本愛「アバター」のひょう変する女子高生はやりやすかったと自信

2011年4月7日 11:20

アバターにのめり込む女子高生を熱演「アバター(2009)」

アバターにのめり込む女子高生を熱演
(C)2010 山田悠介/角川書店/「アバター」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山田悠介の人気小説を、和田篤司監督が映画化した「アバター」で主演を務めた橋本愛が、同作の見どころを語った。同作は、インターネットのSNSコミュニティで自らの分身として利用者が拡大している“アバター”をテーマに、現代の若者とネット社会のヤミを描く。

アバターにのめり込み、整形手術や犯罪に手を染めていく女子高生・阿武隈川道子役を熱演した橋本は、「徐々に人間性が変わっていく役よりは、道子みたいにスイッチの切り替えがはっきりしている役はやりやすかった」と強心臓ぶりを発揮。そして、「非現実的な世界で狂っているんですが、どこか人間らしさが表れている部分もあるので、身近に感じてもらえたら」と自信をのぞかせた。

原作者の山田は、「映画を見ていると、実際にこういう子たちがいるんじゃないかとすごく怖くなりました。特にラストシーンは、原作の先を想像した表現といい、道子の表情といい、素晴らしかった!」と手放しで絶賛している。

また、4月30日には東京・シアターN渋谷で初日舞台挨拶が行われる。橋本と和田監督をはじめ、坂田梨香子水沢奈子指出瑞貴大谷澪、増山加弥乃らが登壇予定。

アバター」は、4月30日から全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi