ブラッドリー・クーパー「グレート・ギャツビー」への出演を熱望 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月17日 > ブラッドリー・クーパー「グレート・ギャツビー」への出演を熱望
メニュー

ブラッドリー・クーパー「グレート・ギャツビー」への出演を熱望

2011年3月17日 07:32

デイジーの夫トム・ブキャナン役を 熱望するブラッドリー・クーパー「華麗なるギャツビー」

デイジーの夫トム・ブキャナン役を
熱望するブラッドリー・クーパー
Press Association/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米俳優ブラッドリー・クーパーが、バズ・ラーマン監督がメガホンをとる「グレート・ギャツビー」の3D映画化企画への出演を熱望していることが分かった。

1920年代の米ニューヨーク、ロングアイランドを舞台に、東部の令嬢デイジーに恋をした成り上がり者ギャツビーの破滅へと向かう人生を描いた、スコット・フィッツジェラルドの「グレート・ギャツビー」は、アメリカ文学史上最も有名な作品のひとつ。今回は、主人公のジェイ・ギャツビー役をレオナルド・ディカプリオ、デイジー・ブキャナン役をキャリー・マリガンが演じる予定だと報じられている。74年の「華麗なるギャツビー」(ジャック・クレイトン監督)では、ロバート・レッドフォードミア・ファローがそれぞれ演じていた。

一方、クーパーが演じたいと考えているのは、74年版ではブルース・ダーンが扮したデイジーの夫で、富豪だが粗暴な性格のトム・ブキャナンだという。クーパーは、米ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで「自分にとっては、ブキャナンがこの小説のなかで最高のキャラクターなんだ。複雑で排他的でアル中で、しかし一方で品格というものに関して深い理解を抱いている。演じる俳優は、単なる金持ちのイヤなヤツにならないように気をつけなければならない」と、役どころへの理解と愛情を示している。

なお今年1月に、同作の撮影が8月から豪シドニーで開始すると報じられたが、米Vultureによれば、ラーマン監督は具体的な日程やキャストについて、現時点では何も言えないと話しているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi