バズ・ラーマン監督「グレート・ギャツビー」は豪シドニーで3D撮影へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月21日 > バズ・ラーマン監督「グレート・ギャツビー」は豪シドニーで3D撮影へ
メニュー

バズ・ラーマン監督「グレート・ギャツビー」は豪シドニーで3D撮影へ

2011年2月21日 11:27

バズ・ラーマン監督「グレート・ギャツビー」を3D映画に「オーストラリア」

バズ・ラーマン監督「グレート・ギャツビー」を3D映画に
写真:Press Association/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「オーストラリア」「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督がメガホンをとる、米作家スコット・フィッツジェラルドの代表作「グレート・ギャツビー」の映画版が、豪シドニーで3D撮影されることが分かった。

1920年代のニューヨーク、ロングアイランドを舞台に、東部の令嬢デイジーに恋をした成り上がり者ギャツビーの破滅へと向かう人生を描いた「グレート・ギャツビー」は、アメリカ文学史上最も有名な作品のひとつ。今回は、主人公のジェイ・ギャツビー役をレオナルド・ディカプリオが、デイジー・ブキャナン役をキャリー・マリガンが演じることになっている。また、ギャツビーの隣人で物語の語り手となるニック・キャラウェイ役には、かつてトビー・マグワイアの名が挙がっていた。

ラーマン監督が同作を3Dで撮影するという噂は数カ月前からあり、原作ファンが憤慨しているという話が報じられてきた。今回、撮影地がシドニーのフォックス・スタジオに決定したことで、ロングアイランドというロケーションに思い入れのあるファンからまた批判の声が上がるかもしれない。一方、シドニーがあるニューサウスウェールズ州で3D撮影が行われるのは本作が初めてで、現地のスタッフが大勢雇用されるため、故郷を大切にしているラーマン監督がオーストラリア映画界を活性化するために取った手段だという見方もできる。

ラーマン監督は約2年前に同作の映画化権を獲得。ディカプリオとは、96年の「ロミオ&ジュリエット」でも組んでいる。3月からプリプロダクションを開始、8月のクランクインを予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi