松坂慶子、55歳の妊婦姿を披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月21日 > 松坂慶子、55歳の妊婦姿を披露
メニュー

松坂慶子、55歳の妊婦姿を披露

2011年2月21日 16:34

娘の子どもを代理出産、55歳で妊婦に「チーム・バチスタの栄光」

娘の子どもを代理出産、55歳で妊婦に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 代理出産で娘の子どもを産む決意をした女性の姿を描くNHKドラマ10「マドンナ・ヴェルデ」のスタジオ取材会が2月21日、東京・渋谷の同局で行われ、松坂慶子国仲涼子長塚京三藤村志保南明奈柴田理恵が出席した。

チーム・バチスタの栄光」シリーズで知られるベストセラー作家・海堂尊の同名最新刊をドラマ化。海堂氏の小説をNHKがドラマ化するのは、これが初めてとなる。55歳の主婦・みどり(松坂)は、ひとり娘で医師の理恵(国仲)から、病気で子宮を失った自分に代わり、代理母として出産してほしいと依頼される。国内では正式に認可されていない代理出産に踏み出すみどりだが、理恵の予想外の行動によって、“自分の”子どもを守る戦いに出る。

松坂は妊婦姿で会見に応じ、「順調な撮影。登場人物がチャーミングだし、それぞれの立場から代理出産について語っている内容」。自身はアメリカでふたりの子どもを出産した経験をもち、「何か壁があっても『じゃあ、何ができるのか』と前向きに考えてきた。母親にしてみれば、生まれてくる子どもはみんなキラキラ星。ずっと輝いていてほしいし、母親としては、心身ともに丈夫に育てたいもの」と思いを語った。

一方、国仲は「医師として、そして娘としての顔をもつ役柄。生命誕生の素晴らしさと、その裏にある人間ドラマが見どころ。繊細で難しい題材だが、もし自分だったら……と重ね合わせながら、演じている」とアピール。長塚は、みどりに思いを寄せる元新聞記者を演じ「出産は男にとっては、夢のような非常に把握しにくいもの。同時に複雑で深いテーマなので、改めて女性の底力に圧倒されている。市井の人として、この問題に取り組んでいきたい」と語った。


南明奈は20歳の妊婦に「チーム・バチスタの栄光」

南明奈は20歳の妊婦に
[拡大画像]

20歳の妊婦を演じる南は「今までの芝居と比べても、ダントツで難しい。最初は思わず弱音を吐いて、泣いてしまったほど」と大きなお腹をさすりながら語り、「仲のいいメイクさんが妊娠中なので、話を聞いて参考にしている。でも撮影中は『動きが軽い』って言われてしまって(笑)。改めてお母さんってすごいって思いましたね」と感慨深げだった。

「マドンナ・ヴェルデ」は4月12日からNHK総合で、毎週火曜日22時放送(6回連続)。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi