神田沙也加、父の熱愛を「いいんじゃないですか」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月31日 > 神田沙也加、父の熱愛を「いいんじゃないですか」
メニュー

神田沙也加、父の熱愛を「いいんじゃないですか」

2011年1月31日 11:51

神田は青春を謳歌する父にエール「アメイジング グレイス 儚き男たちへの詩」

神田は青春を謳歌する父にエール
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 窪塚俊介神田沙也加が共演する「アメイジング グレイス 儚き男たちへの詩」(川野浩司監督)の先行プレミア上映会が1月30日、都内で行われ、出演者が舞台挨拶に立った。同作は元暴走族のメンバーで、自らヤクザになる道を選んだ主人公・片桐漣(窪塚)と暴走族仲間が否応なしに権力抗争に巻き込まれる姿を描く。

窪塚は開口一番「まずは、アジアカップの話をさせてください。今回ほどサムライを感じたことはない。MVP? やっぱり本田(圭佑)ですね」とサッカー日本代表のアジア杯優勝に興奮気味。「昨日(決勝当日)と同じくらいの熱をこの映画に注いだ」と熱くアピールした。ドラマ「ビー・バップ・ハイスクール」で俳優デビューを飾り、映画「ガチバン」で主役を張るなど不良役には縁があるが「一時、いやだなと思った時期もありますね。今は逆に実年齢(29歳)より若い役ができてありがたいです」と胸中を語った。

神田は主人公の幼なじみで、暴走族のメンバーを温かく見守るマドンナ的な存在を演じた。「母性をもって、みんなを大きく包み込む。そういう役柄を意識しました。実際にはヤンチャな男性って、ちょっと怖いなと思いますけど」。取材陣から「お父さまが今、青春を謳歌しているが……」と父・神田正輝の熱愛報道について聞かれると、「何歳になっても青春、いいんじゃないですか」と静観の構え。舞台挨拶後には、同作の主題歌であるカバー曲「Amazing Grace」を生熱唱した。

アメイジング グレイス 儚き男たちへの詩」は2011年に公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi