S・キング「ダーク・タワー」映画版主演はハビエル・バルデム有力 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月28日 > S・キング「ダーク・タワー」映画版主演はハビエル・バルデム有力
メニュー

S・キング「ダーク・タワー」映画版主演はハビエル・バルデム有力

2011年1月28日 16:13

「ビューティフル BIUTIFUL」でオスカーノミネート「ダ・ヴィンチ・コード」

「ビューティフル BIUTIFUL」でオスカーノミネート
(C)Menageatroz S. de R.L. de C.V.,
Mod Producciones S.L., Ikiru Films S.L.
[拡大画像]

 [映画.com ニュース] モダンホラーの帝王スティーブン・キングの大長編小説「ダーク・タワー」を、映画3部作とテレビシリーズで完全映像化するプロジェクトが進行中だが、その主役がハビエル・バルデムに正式にオファーされたことが分かった。

同プロジェクトは、主人公の“最後のガンスリンガー”ローランドと仲間たちが暗黒の塔を探し求めて旅をする全7部構成の同名ダークファンタジー。「ダ・ヴィンチ・コード」「ビューティフル・マインド」のロン・ハワード監督がメガホンをとる。

米Deadline Hollywoodによれば、このほど製作の米ユニバーサル・ピクチャーズとハワード監督は、バルデムに正式にローランド役をオファー。まだ契約にはいたっていないが、製作サイドはバルデムの起用を熱望しているという。ローランド役の候補にはこれまで、ビゴ・モーテンセンクリスチャン・ベールダニエル・クレイグヒュー・ジャックマンジョン・ハムらの名前が挙がっていた。

同プロジェクトは、まず映画の第1作を公開し、その後、第2作への橋渡しとなるテレビシリーズのシーズン1を放送。さらに映画第2作の公開、テレビのシーズン2の放送を経て、完結編となる映画第3作を公開する。現時点で、ハワード監督は映画とテレビシリーズの第1弾でメガホンをとることが分かっている。なお、原作者であるキングもプロデューサーとして参加する。

バルデムは1月25日、第83回アカデミー賞の主演男優賞に「ビューティフル BIUTIFUL」でノミネートされ、また妻ペネロペ・クルスとの間に第一子を授るという、二重の喜びに恵まれた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi