O・ストーン監督、4年ぶり来日 日本経済の現況は予想外!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月29日 > O・ストーン監督、4年ぶり来日 日本経済の現況は予想外!?
メニュー

O・ストーン監督、4年ぶり来日 日本経済の現況は予想外!?

2010年11月29日 18:48

4年ぶりの来日となったオリバー・ストーン監督「ウォール・ストリート」

4年ぶりの来日となったオリバー・ストーン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「プラトーン」「JFK」などの社会派作品で知られるオリバー・ストーン監督が11月29日、23年ぶりにマイケル・ダグラスと再タッグを組んだ「ウォール街」の続編「ウォール・ストリート」のプロモーションで来日し、都内で会見した。

同作は、前作で逮捕されたウォール街のカリスマ投資家ゴードン・ゲッコー(ダグラス)が出所し、娘ウィニー(キャリー・マリガン)の恋人で若き金融マンのジェイコブ(シャイア・ラブーフ)と手を組み、非情なマネー・ゲームを繰り広げる姿を描く。

ワールド・トレード・センター」以来4年ぶりの来日となったストーン監督は、「着いてから24時間ホテルにこもっているけど、ここはとても美しい場所だと思う。日本の経済も想像していたより豊かだし、持ちこたえている」と語った。そして、「前作では若者のモラルや生き方を問いつめたけど、今回は年老いたゲッコーがどう人生をやり直すかに焦点が当てられている。刑務所から出てきたゲッコーが人間としてどう変わったのか、観客の目で確かめてほしい」とアピールした。

また、ラブーフとマリガンという今が旬の若手実力派との仕事を「とても楽しかった。この映画ではダグラス、ジョシュ・ブローリン、シャイアたちという3代にわたる世代を描いている。前作の時代に比べ、今の時代はハングリーかつ理想主義な若者が多いように思う」と分析。さらに、「現在を見据える作品をつくることはとてもリスクが高いけど、だからこそやりがいがあった。ウォール・ストリートはおそらく永遠に存在し続ける。そしてその未来は、プレイヤー個人のモラルにかかっている」と話した。

ウォール・ストリート」は、2月4日から全国で公開。

プラトーン[Blu-ray/ブルーレイ] プラトーン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 アメリカの歴史に暗い影を落とすベトナム戦争を、監督オリバー・ストーンが自らの実体験をもとに浮かび上がらせた衝撃の戦争ドラマ。
ワールド・トレード・センター スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ワールド・トレード・センター スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,486 9.11テロの際、崩壊したワールド・トレード・センタービルから奇跡の生還を遂げた二人の警官の感動の実話をオリバー・ストーン監督が映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi