「ミレニアム」スウェーデン人監督が米リメイク企画を批判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月11日 > 「ミレニアム」スウェーデン人監督が米リメイク企画を批判
メニュー

「ミレニアム」スウェーデン人監督が米リメイク企画を批判

2010年11月11日 11:28

オリジナル版監督がご立腹「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」

オリジナル版監督がご立腹
(C)Yellow Bird Millennium Rights AB, Nordisk Film,
Sveriges Television AB, Film I Vast 2009
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スウェーデン人作家スティーグ・ラーソンの同名ベストセラー小説を映画化した2009年のスウェーデン映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のニールス・アルゼン・オプレブ監督が、現在ハリウッドで進行中の米リメイク版に対する不快感をあらわにした。

「ミレニアム」3部作は、ソニー・ピクチャーズ製作、デビッド・フィンチャー監督、ダニエル・クレイグ主演でリメイクされることが決定している。また、最終的に無名の米女優ルーニー・マラが抜擢されたヒロインのリスベット役には、ハリウッドのトップ女優の多くが興味を示したことでも話題を呼んだ。オリジナル版でリスベットを演じたスウェーデン人女優ノオミ・ラパスも本作でブレイクし、ガイ・リッチー監督の「シャーロック・ホームズ」続編のヒロインに起用されるなど、ハリウッドの注目を集めている。

米サイトWord and Filmのインタビューで、同リメイクについて聞かれたオプレブ監督は、「腹立たしいのは、ソニーのPR部門が彼らのリスベット・サランデルをメインに仕立て上げようとしていることだ」と回答。そして、「そんなことはまったくフェアじゃない。ノオミがあのキャラクターをとらえたのだから、あの役柄はつねに彼女のものであるべきだ。とにかく、彼女がアカデミー賞にノミネートされることを願っている」と話した。

さらに、「映画を愛している人なら、オリジナル版を見るはずだ。君なら(リュック・ベッソンの)『ニキータ』と、アメリカ版の『アサシン 暗・殺・者』のどっちを見たいかっていう話だよ。フィンチャーがそれよりはいい仕事をすることを願うしかないね」と、挑発的な言葉を発した。

米リメイク版「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」は現在撮影中で、2011年12月21日の米公開が決定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi