「台北カフェ・ストーリー」監督、客席からの感想に安どの表情 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月25日 > 「台北カフェ・ストーリー」監督、客席からの感想に安どの表情
メニュー

「台北カフェ・ストーリー」監督、客席からの感想に安どの表情

2010年10月25日 15:28

中孝介が特別出演「台北カフェ・ストーリー」

中孝介が特別出演
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シアオ・ヤーチュアン監督の「台北カフェ・ストーリー」が10月25日、東京・六本木ヒルズで開催中の第23回東京国際映画祭のアジアの風「台湾電影ルネッサンス2010~美麗新世代」で上映され、シアオ監督、リン・チェンシー、中孝介(あたりこうすけ)がティーチインに臨んだ。

同作は、「藍色夏恋」のグイ・ルンメイが主演を務める最新作。主人公ドゥアルと妹のチャンアルが経営するカフェを舞台に、訪れる客たちと特別なものを交換することである物語が展開していくラブストーリーだ。

ホウ・シャオシェン監督の「フラワーズ・オブ・シャンハイ」のチーフ助監督を務めたのち、「ミラー・イメージ」で映画監督デビューを果たしたシアオ監督。「会場でお客さんの反応を見ていたんですが、あまり笑い声が聞こえなくて……」と緊張の面持ちだったが、客席から「心の底からいい映画だと思える映画だった」と感想が届き、安どの表情をみせた。

舞台となったカフェは、台北市に実在するカフェだが「最初はカフェを借りて撮影しようと思っていたんですが、なかなかうまくいかず、カフェを作って撮影しました。撮影後はそのままカフェとして営業しています。映画が公開されてからははやっています(笑)」と語った。

今作で映画初出演にして初主演を果たしたリンは、「セリフを暗記することが一番大変でした。最初はなかなか役に入ることができなかったけれど、撮影後にはもっと演じたいと思うようになった」と述懐。ミュージシャンとして活躍する中は「海角七号:君想う、国境の南」に続いての映画出演で、今回は日本人旅行客として特別出演している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi