SCANDAL、女子高生コーラス隊と生演奏 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月28日 > SCANDAL、女子高生コーラス隊と生演奏
メニュー

SCANDAL、女子高生コーラス隊と生演奏

2010年8月28日 14:23

初アフレコに悪戦苦闘「ルー=ガルー」

初アフレコに悪戦苦闘
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 京極夏彦のSF小説を劇場用アニメとして映画化した「ルー=ガルー」が8月28日、全国18スクリーンで初日を迎え、主題歌・挿入歌・エンディング曲を手がけた4人組ガールズバンド「SCANDAL」とメガホンをとった藤咲淳一監督が、東京・新宿バルト9で舞台挨拶に立った。

児童たちが情報端末で監視される近未来を舞台に、安全安心が保障されたはずの社会で起こった連続少女殺人事件をきっかけに、4人の少女が監視を捨ててリアルに立ち向かう姿を描く。SCANDALの4人は、“伝説のバンド”のモデルとして劇中に登場するほか、別キャラクターで声優に挑戦した。

ボーカルのHARUNAは、バンドのリアルな動きを映像化するために臨んだモーションキャプチャーの撮影に「現場に全身タイツが4つ用意されていて(笑)。こんなにピチピチだなんて驚いたし、実際に(タイツを着て)演奏してみるといつものライブとは全然違いました」と述懐。ベースのTOMOMIは「自分のクセがよくわかった。今の技術ってすごい!」と感動しきりだった。

演奏シーンを見事にこなした4人だったが、初挑戦のアフレコには「映像だけが頼りで、タイミングがわからなかった」(HARUNA)、「うまくできずに悔しかった。もう1回やってみたい」(ギターのMAMI)と悪戦苦闘。藤咲監督は、「正直、4人の収録は苦労しました(笑)。みんなマイクの前に立つと、急に緊張しちゃって。ただ、特に演技指導はせず、お任せだった」。これにはHARUNAも「逆にお任せって言われると、プレッシャーでした」と本音をもらした。

また、mixiで募集した女子高生コーラス隊とともに、エンディング曲「さよならMy Friend」を生演奏。HARUNAは、「3曲とも全然違うし、それぞれがシーンに合っている。自分たちでもこういう曲が作れるんだと成長を実感できた」と手応えをつかんだ様子だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi