神田うの、愛犬ロケットに「独身時代は守ってもらった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月10日 > 神田うの、愛犬ロケットに「独身時代は守ってもらった」
メニュー

神田うの、愛犬ロケットに「独身時代は守ってもらった」

2010年8月10日 18:10

かわいいワンちゃんにメロメロの2人「きな子 見習い警察犬の物語」

かわいいワンちゃんにメロメロの2人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 見習い警察犬の実話を映画化した「きな子 見習い警察犬の物語」(小林義則監督)の愛犬家トークイベントが8月9日、都内のホールで行われ、タレントの神田うのと愛犬ロケット、主題歌を書き下ろしたアーティストMetisと愛犬カズ、同作に出演したラブラドールレトリーバーのきな子らが出席した。

映画は、警察犬になれる見込みのないきな子と、警察犬訓練士見習いの杏子(夏帆)がパートナーとなり、夢を追いかけながら奮闘する姿を描く。

神田は、13年連れ添っているヨークシャーテリアのロケットを連れて登場し「どこに行くにもいつも一緒。私が悲しかったり辛かったとき、いつもそばでなぐさめてくれた。家族以上に家族って感じ」と全幅の信頼。さらに、「独身時代は守ってもらった。人を見る目があるので、言い寄ってくる男性をキャンキャンほえて追っ払ってくれた」と意外な局面での活躍を吐露。今は、夫の西村拓郎さんと過ごす時間の方が多いそうだが「でも別居婚だから、半々か!」と訂正し、笑いを誘った。

Metisは1歳9カ月のポメラニアン、カズを連れて来場し「部屋で泣いていたら、泣きやむまで涙をなめてくれる。いつかカズちゃんのために歌をつくってみようかな」とでき愛の様子。そして、「主人公ときな子のきずなだけじゃなく、人と人のきずなを描いた素晴らしい映画」とPRした。

きな子 見習い警察犬の物語」は、8月14日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi